sportsnavi

ワールドカップ 2次予選

キックオフ:
2016/3/24(木) 19:30
試合会場:
埼玉スタジアム2002
5 1 前半 0 0
4 後半 0
試合終了
アフガニスタン

試合経過

  前半30分 ムスタファ ハディドムスタファ ザザイ
得点:岡崎 慎司 前半43分1 - 0  
得点:清武 弘嗣 後半13分2 - 0  
得点:O.G 後半18分3 - 0  
柏木 陽介香川 真司 後半19分 ヨーゼフ シルデルノールラ アミリ
岡崎 慎司ハーフナー マイク 後半27分  
得点:吉田 麻也 後半29分4 - 0  
  後半30分 カニシュカ タヘルアハマド ハティフィ
得点:金崎 夢生 後半33分5 - 0  
金崎 夢生小林 悠 後半34分  

スタッツ

27 シュート 1
11 直接FK 15
1 間接FK 1
15 CK 1
0 PK 0
4 GK 12
1 オフサイド 1
  • 日本
  • アフガニスタン

戦評

4-4-2の新布陣を試した日本がアフガニスタンに5-0で勝利を収め、ワールドカップアジア2次予選グループEの首位通過に向けて前進した。前半の日本は、ペナルティエリア周辺まではスムーズにボールを回すものの、ゴール前を固めるアフガニスタンの守備を崩し切れない時間が続いた。それでも、日本は辛抱強くグラウンダーのパスを中心に攻略を試み、前半43分に均衡を破る。清武弘嗣からの縦パスを受けた岡崎慎司が相手DFを股抜きでかわしてシュート。待望の先制点を挙げた。後半に入ると、日本は45分間で4ゴールを記録。清武弘嗣の2点目は先制点の場面に続き、縦パスをつないで中央から相手の守備網を突破して決めたもの。その後の3ゴールは、サイド攻撃とセットプレーから得点が生まれた。なかでも、ハーフナーマイクがクロスを頭で落とし、金崎夢生が押し込んだ5点目のゴールは、戦前にハリルホジッチ監督が示唆していたように、ハーフナーの高さを生かした攻撃でつかみ取ったもの。新戦力の活躍も光った一戦となった。

みどころ

日本は2016年の初戦となるワールドカップアジア2次予選でアフガニスタンをホームに迎える。現在、5勝1分けの勝点16でグループEの首位に立つ日本。2位のシリアとは勝点1差と、最終予選進出のためにも勝利が求められる一戦となる。 昨年の9月に中立地で行われたアウェーのアフガニスタン戦は、日本が圧倒的にボールを支配する展開の中、大量6ゴールを奪っての完勝。日本らしい連係が随所に見られ、試合後にはハリルホジッチ監督も選手をたたえた。 アフガニスタンは、今回の対戦でもゴール前を固めて守備を重視してくることが予想される。メンバー発表会見の際にハリルホジッチ監督は、アフガニスタン戦と29日のシリア戦では異なった戦術を採ることを示唆。ハリルホジッチ監督就任後では初招集となったハーフナーに関しても、彼を起用する場合はその特徴を生かすために戦術を変えると明言している。現体制も今年で2年目。アフガニスタン戦では、新たなオプションを試しながら、できるだけ多くの得点を奪い、最大のライバルであるシリアとの直接対決に弾みをつけたい。

観客数 48967人 気温 9.0℃ 主審 モハナド サッライ
芝状況 全面良芝乾燥 湿度 58% 副審 アワイエド アルムリ
天候 晴れ 弱風 副審 ハラフ アルシャムマリ

大会情報

日程 区分 大会名
2015/6/11(木)〜2016/3/29(火) A代表 ワールドカップ 2次予選
  • ※ 日時はすべて日本時間