ご利用のブラウザ(Internet Explorer)は、2022年6月にユーザーサポートを終了いたします。 終了後、スポーツナビの一部のページは、Internet ExplorerからMicrosoft Edgeにリダイレクトされます。

Microsoft Edgeや別のブラウザをご利用いただきますようお願いいたします。

U23アジアカップ予選 第3節

10/28(木)13:00

Jヴィレッジスタジアム

U-22香港
0 0 前半 1 4
0 後半 3

試合終了

前半:U-22日本ボールでキックオフ、試合開始

前半0分

U-22香港

予想フォーメーションは4-2-3-1。23日に行われた初戦のU-22カンボジア戦は4-2で敗れており、来年のU23アジアカップ出場に向けて後がない状況に追い込まれている。それでも、その試合から中4日と、日程面でのアドバンテージがある。「格上」の日本としても油断できない一戦となりそうだ

前半0分

U-23日本

予想フォーメーションは4-1-2-3。26日に行われたU-22カンボジア戦からスタメン全員を変更。中1日という厳しい日程で2戦目を迎えるため、1戦目で控えに回っていたメンバーが中心となっており、「パリ世代」の中心選手として期待が集まる20歳の松岡らがスタメンに名を連ねている

前半0分

U-23日本

その中でも注目は背番号10を託された郷家。U-20世代の選手が多いチームの中で「オーバーエイジ」的な存在として選出されており、チームの心臓としての活躍が期待されている。また、先日の試合では青森山田の「後輩」である松木が活躍を見せているだけに、「先輩」としての意地を見せられるか

前半0分

U-22香港は1番のツェカウィン、U-22日本は郷家がそれぞれキャプテンマークを巻く

前半0分

コイントスの結果により、左エンドにU-22日本、右エンドにU-22香港が陣取る

前半0分

U-23日本

この試合では白のユニフォームを着用

前半2分

U-23日本

左サイドの敵陣深くへ駆け上がった畑が左足でアーリークロスを送る。ゴール前に松岡が走り込むも、DFにクリアされてしまう

前半4分

U-23日本

敵陣浅い位置から佐古が柔らかいボールを送ると、前線の藤尾が反応。藤尾は胸でトラップするが、うまくボールを収められず。それでも、ペナルティエリア右へボールがこぼれると、松岡がゴール前へふわりとしたクロスを上げる。しかし、DFにクリアされてしまう

前半6分

U-22香港

自陣左サイドからチャンシンイチが前線へパスを送ると、ラムが抜け出す。ラムはそのままドリブルでペナルティエリア手前の左まで持ち込むと、思い切りよく左足を振り抜く。しかし、わずかに枠の上に外れる。U-22日本としてはひやりとする場面を迎える

前半8分

U-23日本

両サイドを起点に攻撃を展開するも、得点には至っていない

前半9分

U-23日本

右サイドの敵陣深くでパスを受けた中村が中央へカットインし、ペナルティエリア手前の右から左足で低い軌道のシュートを放つ。しかし、ツェカウィンの正面でキャッチされてしまう

前半11分

U-23日本

ペナルティエリア手前の左から郷家が右足で精度の高いボールをゴール前へ送ると、藤尾が抜け出す。藤尾は胸でボールを収め、角度のない位置から右足でシュートを放つも、惜しくも枠をとらえられない

前半13分

U-23日本

ペナルティエリア手前の左から郷家がミドルシュートを放つも、枠の上に外れてしまう

前半14分

U-23日本

GOOOOOAL!! 鈴木の縦パスに抜け出した畑が左サイドの敵陣深くから精度の高いクロスを送ると、ゴール前に飛び込んだ藤尾がタイミングよく頭で合わせる。これが決まり、さい先よく先制に成功する

前半16分

U-23日本

左サイドバックの畑が高い位置を取り、攻撃に厚みを加える

前半17分

U-23日本

前線から連動してプレッシャーを掛け、左サイドの敵陣中央でボールを奪取。最後は藤尾のパスを受けた松岡がペナルティエリア手前の中央から右足で低い軌道のシュートを放つも、GKに防がれてしまう

前半19分

U-23日本

敵陣中央でパスを受けた郷家が右足で柔らかいボールをペナルティエリア右へ送る。中村が反応し、斜めに走り込むも、GKに処理されてしまう

前半20分

U-23日本

左サイドの敵陣深くから畑が左足で柔らかいクロスを上げると、ゴール前に走り込んだ松岡が頭で合わせる。しかし、うまくミートできず、得点には至らない

前半22分

U-23日本

左サイドの敵陣中央から斜めのボールが送られる。ゴール前で藤尾がつぶれ、最後はこぼれ球に反応した郷家がシュートを打つも、DFのブロックに阻まれてしまう

前半24分

U-22香港

ここまでは終始相手に押し込まれ、防戦一方の展開が続いているが、集中した守備を見せている

前半26分

U-23日本

中盤の郷家を起点に細かいパス回しからゴール前への進入を試みるも、相手のコンパクトな守備に阻まれてしまう

前半28分

U-23日本

敵陣中央から藤田が右足でミドルシュートを放つ。一度はGKにセーブされるも、こぼれ球にいち早く反応した藤尾が頭で押し込む。しかし、これもGKにキャッチされてしまう

前半30分

U-23日本

右サイドの敵陣中央で藤尾が華麗なテクニックを見せ、ボールをキープするも、ファウルで突破を阻止されてしまう

前半31分

U-23日本

左サイドの敵陣深くから畑が左足で滞空時間の長いクロスを上げる。ゴール前の藤尾がヘディングでたたき付けるも、GKに処理されてしまう

前半34分

U-23日本

ここまでは圧倒的にボールを保持し、敵陣でパスを回す展開が続くも、1ゴールのみにとどまっている

前半35分

U-23日本

左サイドでパスを受けた鈴木が細かいタッチでボールを運ぶと、ペナルティエリア左へ抜け出した郷家へパス。反応した郷家はダイレクトでゴール前へ折り返すと、最後は松岡がヘディングシュートを放つ。しかし、わずかに枠の上に外れてしまう

前半38分

U-22香港

この時間帯から徐々に落ち着いてパスを回せるようになっている

前半39分

U-23日本

CKの流れから2次攻撃を開始。ペナルティエリア内で藤尾がボールをキープし、中村へパスを出す。中村はペナルティエリア手前の中央からダイレクトでシュートを放つも、わずかに枠の上に外れてしまう

前半41分

U-23日本

敵陣中央の左から郷家がペナルティエリア内へ柔らかいボールを送る。反応した佐古が打点の高いヘディングでゴール前へ折り返すも、ファウルを取られてしまう

前半43分

U-23日本

左サイドの敵陣中央から郷家が右足で速いクロスをゴール前へ送る。反応した半田が斜めに走り込むも、手前のDFにクリアされてしまう

前半43分

U-23日本

ペナルティエリア手前の中央で鈴木がラムヒンティンに後ろから倒され、FKを獲得する

前半44分

U-23日本

キッカーは鈴木。右足で低い軌道のシュートをゴール右下へ放つも、ツェカウィンの好セーブに阻まれてしまう

前半46分

アディショナルタイムは1分の表示

前半:前半終了。0-1と、U-22日本のリードで試合を折り返す

前半47分

前半総括 日本は序盤から一方的にボールを保持して試合を支配。左サイドからの攻撃で幾度かチャンスを作ると、前半11分には郷家友太のロングパスから藤尾翔太がクロスバー直撃のシュートを放つなど、徐々にゴールへ迫る。すると、同14分に畑大雅のクロスから藤尾がさい先よく先制点を奪取。その後もほとんどの時間を敵陣内でプレーし、相手に圧力を掛け続ける。しかし、香港に集中して対応され、追加点は奪えない。同45分には鈴木唯人の直接FKがゴールを襲うも、相手のGKにセーブされ、1点のリードで前半を終えた。

後半:U-22香港ボールでキックオフ、後半開始

後半0分

U-23日本

19中村OUT→11佐藤IN

後半1分

U-23日本

佐藤は中村と同じ右ウイングの位置に入る

後半4分

U-23日本

GOOOOOAL!! CKの流れから2次攻撃を展開。左サイドの敵陣中央から佐古が左足で精度の高いボールをゴール前に供給すると、ゴール前に走り込んだ藤尾が頭で合わせる。ゴール右に決まり、リードを2点に広げる

後半6分

U-22香港

右サイドで相手ボールを奪い、ユージョイインがペナルティエリア右へ進入するも、フィニッシュには至らない

後半8分

U-23日本

左サイドの敵陣中央から畑が左足で柔らかいボールを送ると、鈴木がゴール前に走り込む。しかし、相手の守備に阻まれ、フィニッシュには持ち込めない

後半9分

U-22香港

直前のプレーで味方と交錯したイプチュクマンがピッチに倒れ込むも、立ち上がってプレーを続ける

後半10分

U-23日本

左サイドでボールを受けた鈴木が中央へ仕掛け、パスを入れる。藤尾がスルーし、ゴール前の郷家へボールがつながると、郷家は後方の松岡へ落としのパスを出す。最後はペナルティエリア手前の中央から松岡が右足で狙い澄ましたシュートを放つも、わずかに枠の右に外れてしまう

後半12分

U-23日本

左サイドの敵陣深くから鈴木がドリブルを仕掛け、中央へカットイン。一度はDFに阻まれるも、再びボールを奪い返し、細かいタッチで相手をかわしてゴール前まで進入する。最後は右足を振り抜くも、枠の上に外れてしまう

後半14分

U-22香港

12チェンツスムOUT→13SイチカワIN

後半15分

U-23日本

後半に入り、鈴木がキレのあるドリブルを見せ、相手ゴールを脅かしている

後半16分

U-22香港

CKの流れから2次攻撃を開始。右サイドの敵陣中央でボールを受けたチャンシンイチが細かいドリブルで相手をかわし、ペナルティエリア右へ進入。最後はゴール前へ折り返しのパスを入れるも、DFにクリアされる

後半18分

U-23日本

GOOOOOAL!! 右サイドの敵陣中央でボールを受けた佐藤が斜めに仕掛け、ペナルティエリア内へ走り込んだ郷家へパスを送る。受けた郷家はペナルティエリア右から右足でシュートを放つと、ボールは左ポストに当たってゴールに吸い込まれる。キャプテンマークを巻く「10番」の得点でリードを3点に広げる

後半20分

U-23日本

左CKを獲得。キッカーの鈴木は右足でインスイングのクロスを上げる。これはDFにはね返されるも、こぼれ球に反応した藤田がペナルティエリア手前から強烈なシュートを放つ。しかし、惜しくも枠をとらえられない

後半22分

U-23日本

左CKを獲得。キッカーの鈴木は右足でインスイングのクロスを上げると、ゴール前に走り込んだ馬場が頭で合わせる。しかし、枠の上に外れてしまう

後半23分

U-23日本

敵陣中央で松岡がボールを奪うと、そのままドリブルで持ち込み、ゴール前へ抜け出した藤尾へラストパスを送る。反応した藤尾は左足でシュートを放つも、DFのブロックに阻まれてしまう

後半24分

U-23日本

10郷家OUT→21甲田IN

後半24分

U-23日本

18藤尾OUT→9細谷IN

後半24分

U-23日本

交代した郷家に代わって藤田がキャプテンマークを巻く

後半25分

U-23日本

甲田が右ウイングに入り、佐藤が左へ、鈴木が中盤の位置にそれぞれポジションを移す

後半26分

U-23日本

細谷が流動的に動き回り、積極的にボールへ絡みにいく

後半28分

U-23日本

左サイドの敵陣深くから畑がドリブルを仕掛け、佐藤へ預けると、受けた佐藤は中央へ持ち込み、藤田へパス。最後はペナルティエリア手前の中央から藤田がミドルシュートを放つも、枠をとらえられない

後半29分

U-23日本

敵陣中央から鈴木がドリブルを仕掛け、そのままペナルティエリア手前の中央まで持ち込むと、最後は右足で低い軌道のシュートを放つ。しかし、わずかに枠の右に外れてしまう

後半32分

U-23日本

右サイドの敵陣中央からペナルティエリア内へスルーパスが送られる。このボールに細谷が反応するも、GKに阻まれてしまう

後半33分

U-22香港

9チェンチュンワンOUT→23チウワンチュンIN

後半33分

U-22香港

17バドルOUT→11ウーカヤンIN

後半33分

U-23日本

前線から連動してプレッシャーを掛け、GKのミスを誘発。最後はこぼれ球を拾った松岡がペナルティエリア左角付近から右足で狙い澄ましたシュートを放つも、惜しくも枠をとらえられない

後半36分

U-22香港

中盤からペナルティエリア右へ速いボールが送られ、走り込んだ味方が反応するも、小畑のセーブに阻まれる。右CKを獲得する

後半36分

U-22香港

キッカーのチャンシンイチは左足で速いボールを供給すると、ゴール前に抜け出した味方が頭で合わせる。しかし、うまくミートできず、枠の左に外れる

後半37分

U-23日本

1小畑OUT→23杉本IN

後半37分

U-23日本

8松岡OUT→17松木IN

後半40分

U-23日本

GOOOOOAL!! 松木が相手ボールをカットすると、細谷がこぼれ球をめぐる相手との競り合いに勝つ。細谷はドリブルを仕掛けてDFをかわすと、最後はペナルティエリア手前の中央から右足でグラウンダーのシュートを放つ。ゴール左に決まり、さらにリードを広げる

後半41分

U-22香港

10ラムOUT→20ウォンチーホンIN

後半41分

U-22香港

16アレクサンダージョジョOUT→2チャンチュンヒンIN

後半43分

U-23日本

途中投入された松木を起点に攻撃が構築されている

後半45分

U-23日本

半田にイエローカード

後半45分

U-23日本

ラムヒンティンに対し、激しくタックルに行った半田に警告が与えられる

後半46分

アディショナルタイムは3分の表示

後半:試合終了。0-4でU-22日本が勝利

後半49分

試合総括 後半も立ち上がりから相手を攻め立てる日本は、開始早々に藤尾翔太が今日2点目を奪ってリードを広げる。その後、やや香港にボールを持たれる時間があるものの、守備陣は慌てるそぶりを見せず、冷静に対応。逆に、後半18分には良いタイミングでゴール前へ走り込んだ郷家友太が得点を挙げ、早くも試合を決定付ける。その後は前線を中心に選手を入れ替えると、松木玖生のボールカットから細谷真大が冷静に決めて2試合連続弾を奪取。最後まで強度を落とさずに相手を圧倒し、カンボジア戦に続いて4得点の快勝となった。