FIFAワールドカップ・アジア予選 2次予選

キックオフ:
2015/11/17(火) 21:14
試合会場:
ナショナルオリンピックスタジアム
カンボジア
0 0 前半 0 2
0 後半 2
試合終了
日本

試合経過

  前半30分 警告:槙野 智章
  後半0分 遠藤 航柏木 陽介
  後半6分0 - 1 得点:オウンゴール
  後半12分 警告:山口 蛍
サム ウン ビドーホン ペン 後半15分  
  後半17分 宇佐美 貴史本田 圭佑
ケオ ソクペンチャン ワタナカ 後半24分  
警告:ソス スハナ 後半34分  
クオン ラボラウィーティト ディナ 後半38分  
  後半41分 岡崎 慎司南野 拓実
  後半45分0 - 2 得点:本田 圭佑

チームスタッツ

31% ボール支配率 69%
4 シュート 23
0 枠内シュート 15
0 オフサイド 1
15 フリーキック 10
3 コーナーキック 10
0 ペナルティキック 1
警告
1
退場
0
警告・退場
警告
2
退場
0
  • カンボジア
  • 日本

戦評

立ち上がりからボールを保持し、右サイドの長友や原口を中心に攻め込む日本。早い時間帯での得点を狙い、積極的にペナルティエリア内でシュートを放っていくが、カンボジアの体を張ったディフェンスの前に得点を奪えない。すると、ホームの声援を受けた相手が反撃を開始。クオンラボラウィーの突破からゴール前まで進入する形を作り出され、ひやりとさせられる場面も。前半のうちにリードを奪いたい日本は、前半アディショナルタイムに藤春が決定的なシュート。しかし、これをポストに当ててしまい、スコアレスで折り返す。この展開を受けて指揮官は後半開始から柏木を投入し、リズムに変化を加える。彼のパスを起点に獲得したPKは岡崎が決め切れず、嫌な流れが漂いかけたものの、FKから均衡を破る。柏木の精度の高いキックが相手のオウンゴールを誘うと、その後も攻撃陣をけん引。押し込みながらも追加点を挙げられずにいたが、最後はこちらも途中出場の本田が結果を残し、粘るカンボジアを振り切った。

観客数 29871人 気温 31.0℃ 主審 フー ミン
芝状況 全面良芝乾燥 湿度 68% 副審 カオ イー
天候 晴れ 弱風 副審 シュー ミンユ

大会情報

日程 区分 大会名
2015/6/11(木)〜2016/3/29(火) A代表 FIFAワールドカップ・アジア予選 2次予選
  • ※ 日時はすべて日本時間

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント