五輪 グループステージ

キックオフ:
2016/8/11(木) 7:00
試合会場:
アレナ フォンチ ノバ
U-23日本
1 0 前半 0 0
1 後半 0
試合終了
U-23スウェーデン

試合経過

  前半26分 警告:アレクサンデル ミロシェビッチ
  後半0分 アレクサンダー フランソンムアメル タンコビッチ
南野 拓実矢島 慎也 後半12分  
浅野 拓磨鈴木 武蔵 後半16分  
得点:矢島 慎也 後半20分1 - 0  
  後半27分 ロビン クアイソンケン セマ
興梠 慎三井手口 陽介 後半32分  
  後半38分 ミカエル イシャクバルミール ベリシャ

チームスタッツ

49% ボール支配率 51%
18 シュート 5
10 枠内シュート 4
6 オフサイド 0
12 フリーキック 19
11 コーナーキック 4
0 ペナルティキック 0
警告
0
退場
0
警告・退場
警告
1
退場
0
  • U-23日本
  • U-23スウェーデン

戦評

コロンビア戦と同様に、前半は一方的に攻め込む日本。浅野拓磨のスピードは警戒されていたが、パスワークで崩してからのクロスなど、スローペースのスウェーデンとは対照的にスピーディーな攻撃で好機を作る。しかし、身長で上回る相手には空中戦では分が悪く、自らもゴール前での精度を欠いたことで決定的な場面はわずか。押し込みながらも先制点を奪えずに試合を折り返すことになった。このもどかしい展開を打破したのは後半途中に出場した矢島慎也。後半20分に大島僚太のクロスに合わせて値千金のゴールを決めると、その後もボールの出し手と受け手の両方で活躍を見せた。日本は足が止まり始めたスウェーデンを尻目にボールを動かし続け、終盤のパワープレーからもチャンスを作らせず、今大会初白星。だが、同時刻に行われていた試合でコロンビアが勝利を収めたため、グループステージでの敗退が決定し、2大会連続でのノックアウトステージ進出とはならなかった。

見どころ

初戦でナイジェリアに敗れた日本は、負けが許されない中でコロンビア戦に臨んだ。フォーメーションを4-4-2に戻し、開幕戦での5失点を受けてボランチに遠藤航と井手口陽介というディフェンシブな2人を起用。狙いは的中して強度の高い守りを披露したものの、後半に一瞬の隙を突かれてゴールを奪われ、ミスから追加点を献上してしまう。そんな絶体絶命の危機に直面した若武者たちが、底力を見せる。浅野拓磨が強烈なシュートを突き刺すと、中島翔哉の鮮やかな一撃で試合を振り出しに。逆転こそかなわなかったが、グループステージ突破の可能性を残してスウェーデン戦を迎えることとなった。ともに勝利を強く欲している状況であり、激戦は必至だ。コロンビア戦では、途中出場の大島僚太と南野拓実が傑出したパフォーマンスで好機を創出。得点が不可欠となるため、彼らの起用法がポイントとなる。一方の守備も、初出場となった中村航輔が安定したプレーでチームを支えるなど、改善の兆しがあった。良い流れを白星につなげたい。「託される側」の意地とプライドが試される。

観客数 17821人 気温 25.0℃ 主審 マラング ジェジュウ
芝状況 全面良芝乾燥 湿度 75% 副審 ジブリル カマラ
天候 晴れ 弱風 副審 エル ハジ サンバ

大会情報

日程 区分 大会名
2016/8/5(金)〜2016/8/11(木) 五輪世代 五輪 グループステージ
  • ※ 日時はすべて日本時間

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント