IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アルガルベカップ ノックアウトステージ

キックオフ:
2017/3/8(水) 23:45
試合会場:
アルガルベ スタジアム
日本女子
2 1 前半 2 3
1 後半 1
試合終了
オランダ女子

試合経過

  前半8分 警告:マンディ ファンデンベルフ
  前半13分0 - 1 得点:アヌーク デッカー
  前半19分0 - 2 得点:リーケ マルテンス
得点:横山 久美 前半20分1 - 2  
川村 優理宇津木 瑠美
高木 ひかり佐々木 繭
後半0分 ステファニー ファンデルフラフトジャッキー グローネン
  後半16分 累積警告の為退場:マンディ ファンデンベルフ
  後半23分 ダニエレ ファンデドンクシェイラ ファンデンブルク
長谷川 唯籾木 結花
中島 依美中里 優
後半29分  
得点:オウンゴール 後半33分2 - 2 シェリダ スピッツェテッセル ミダーフ
シャニセ ファンデサンデンリネス ベーレンスタイン
田中 美南増矢 理花 後半37分  
  後半46分 ルース ヘウルツサリ ファンフェーネンダール
  後半48分2 - 3 得点:ビビアン ミーデマ

チームスタッツ

59% ボール支配率 41%
11 シュート 8
1 枠内シュート 3
6 オフサイド 0
14 フリーキック 15
5 コーナーキック 5
0 ペナルティキック 0
警告
0
退場
0
警告・退場
警告
2
退場
1
  • 日本女子
  • オランダ女子

戦評

序盤に2失点を喫し、嫌な雰囲気が漂い始めるが、直後に横山久美が大会4得点目となる豪快なシュートを突き刺し、ペースを引き寄せる。その後は長谷川唯や横山を軸にゴールに迫るも、決め切ることができずに1点のビハインドで試合を折り返す。後半に入ると、ファンデンベルフが2枚目のイエローカードによって退場。数的有利となり、疲れが見え始めたオランダを尻目に攻撃の手を強める。途中出場の籾木結花が左サイドから果敢に仕掛けて推進力をもたらし、後半33分にはその籾木のクロスがオウンゴールを誘発。幸運な形で同点に追い付く。以降も主導権を握り、数多くの好機を作り出す。しかし、攻め急ぐあまり、ペナルティエリア付近での判断ミスが重なり、チャンスを生かし切れずにいると、終了間際に悲劇が待っていた。カウンターからミーデマに決勝点を許し、あえなくタイムアップ。90分で勝ち切るどころか振り切られてしまう、悔しい結果となった。

見どころ

5位決定戦の相手となるオランダは、4-1-2-3をベースとした攻撃的なチームだ。前線の個の能力を生かした速攻は、シンプルながらも非常に強力。ウイングにはスピードと突破力のある選手をそろえており、シャニセファンデサンデンやリーケマルテンスにスペースを与えてしまうと、守勢を強いられる可能性が高い。ノルウェー戦でも最終ラインがひっくり返される場面が散見された。中1日でこの課題を改善できるか。状況に応じたプレーの判断ができるかどうかが、明暗を分けそうだ。オフェンスが売りの一方で、ディフェンスには甘さも目立つ。組織で守れている印象は薄く、日本のパスワークを駆使すれば、好機は数多く作れるはず。アイスランド戦でブレークを果たした「シンデレラガール」長谷川唯をはじめ、中里優や籾木結花ら日テレ勢のテクニックは折り紙付き。ボールを動かして相手の足を奪い、ゲームの主導権を握りたい。明確な数字で結果が表されるため、勝利へこだわる姿勢も必要だろう。

観客数 -人 気温 21.0℃ 主審 アナスタシア プストボイトワ
芝状況 全面良芝乾燥 湿度 54% 副審 エカテリーナ クロチキナ
天候 晴れ 弱風 副審 エカテリーナ マリノワ

大会情報

日程 区分 大会名
2017/3/8(水)〜2017/3/8(水) 女子 アルガルベカップ ノックアウトステージ
  • ※ 日時はすべて日本時間

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント