sportsnavi

ワールドカップ 最終予選

キックオフ:
2017/3/28(火) 19:35
試合会場:
埼玉スタジアム2002
日本
4 2 前半 0 0
2 後半 0
試合終了
タイ

試合経過

得点:香川 真司 前半8分1 - 0  
得点:岡崎 慎司 前半19分2 - 0  
得点:久保 裕也 後半12分3 - 0  
原口 元気本田 圭佑 後半21分  
  後半28分 シロク チャットンヌルル シーヤンケン
香川 真司清武 弘嗣 後半29分  
得点:吉田 麻也 後半38分4 - 0  
久保 裕也宇佐美 貴史 後半39分  

スタッツ

12 シュート 14
11 直接FK 9
3 間接FK 2
3 CK 6
0 PK 1
10 GK 4
3 オフサイド 2
  • 日本
  • タイ

戦評

爽快感のない快勝劇は、満足感と課題が多く残る一戦となった。開始早々に香川真司が冷静さを見せて先制点を奪う。前半19分には久保裕也が正確なクロスを入れると、岡崎慎司が合わせて2点のリード。これで流れは決まったかに見えたが、ここから日本にとって長く苦しい時間が続く。ボールをうまく動かせず、低い位置でパスミスが相次ぐと、タイに一方的に攻められる劣勢の展開。後半に入っても流れは改善されず、シュートにすら持ち込めない苦しい時間が続く。しかし、後半12分に久保が左足を一せん。よどんだ空気を吹き飛ばすような鮮やかなシュートで3点目を決めると、途中出場の本田圭佑を中心に徐々に流れを引き戻す。さらに1点を追加し、終盤には川島永嗣がPKを横っ飛びで防ぐなど、いくつも見せ場が訪れて終了。2戦連続完封に貢献した川島や、3得点に絡む活躍を見せた久保など、良い点があったのは事実。ただ、チーム全体でのボールの回し方や、押し込まれた際の守備陣のイージーミスは、今後に向けて目を背けてはいけない改善点といえるだろう。

見どころ

指揮官の思惑通り、経験の差が勝負を分けたUAE戦。ヨーロッパで出場を重ねる原口元気、大迫勇也、久保裕也が期待通りの働きを見せ、難しい一戦に抜てきされた今野泰幸はMVP級の活躍。久々の出番となった川島永嗣もビッグセーブでUAEに流れを渡さず、日本の選手層の厚さを再認識する内容で貴重な勝点3を持ち帰ることに成功した。大迫と今野が離脱して迎えるタイとの一戦でも勝利をつかめれば、その認識はより確かなものとなる。23日のサウジアラビア戦を0-3で落としたタイは、その試合で主将を務めたティーラトンブンマタンが累積警告で出場停止に。2月28日に行われたACLで鹿島を相手に直接FKを決めた名手が不在となり、数少ない武器を失った手負いの状態だ。タイが自陣に引いて守りを固め、日本がポゼッションを高めて敵陣へ押し込む展開が予想されるが、日本はUAE戦で見せた不用意なボールロストに十分注意しなければならない。最終ラインがそろう前に前線のティーラシルダンダにボールが入れば、ピンチは突如訪れる。攻撃に意識が傾く中で、吉田麻也を中心にリスク管理を徹底したい。「勝って兜の緒を締めよ」、その言葉通りのゲームに期待だ。

観客数 59003人 気温 10.6℃ 主審 キム ドンジン
芝状況 全面良芝乾燥 湿度 57% 副審 パク サンジュン
天候 曇り 弱風 副審 パク インスン

大会情報

日程 区分 大会名
2016/9/1(木)〜2017/9/5(火) A代表 ワールドカップ 最終予選
  • ※ 日時はすべて日本時間

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント