sportsnavi

国際親善試合

キックオフ:
2017/11/15(水) 4:45
試合会場:
ヤン ブレイデルスタディオン
ベルギー
1 0 前半 0 0
1 後半 0
試合終了
日本

試合経過

ドリース メルテンスケビン ミララス 後半15分  
ケビン デブライネムサ デンベレ 後半17分 長澤 和輝森岡 亮太
  後半23分 浅野 拓磨久保 裕也
得点:ロメル ルカク 後半27分1 - 0  
ロメル ルカクディボック オリジ 後半28分 大迫 勇也杉本 健勇
  後半31分 警告:井手口 陽介
  後半33分 原口 元気乾 貴士
ナセル シャドリジョルダン ルカク
アクセル ビツェルスティーブン デフール
後半39分  
  後半41分 酒井 宏樹酒井 高徳

スタッツ

12 シュート 11
8 直接FK 9
2 間接FK 1
3 CK 4
0 PK 0
13 GK 6
2 オフサイド 1
  • ベルギー
  • 日本

戦評

完敗を喫したブラジル戦からは立て直したものの、悔しい敗戦を喫した。序盤は前からはめ込むような積極的な守備を敢行。これが功を奏し、高い位置でボールを奪って主導権を握る。だが、好機を生かせず、相手GKを脅かす場面はわずか。すると、イージーミスから決定機を作られるなど、徐々にベルギーのペースに。ケビンデブライネの精度の高いパスや豊富なアイデアの前にディフェンスラインが下がり、押し込まれた展開のまま前半を終えた。

後半に入ると、ベルギーは球際の激しさを増し、日本は苦しい展開に。素早いカバーやフォローを徹底して懸命に守るも、後半27分に痛恨の失点を喫してしまう。ナセルシャドリの鋭いドリブルを止め切れず、守備陣を切り裂かれて最後はロメルルカクのヘディングシュートで先制点を献上。その後は攻守の意思疎通が曖昧なまま時間が経過して0-1で敗れた。

日本は「赤い悪魔」を前に善戦したともいえるが、決定力不足という積年の課題が顔を出す結果に。少ない好機を沈めた相手との差を感じさせる黒星となった。

見どころ

世界最高峰のクオリティーをまざまざと見せつけられたブラジル戦。ただ、最も気になったのは失点後の脆さにほかならない。VAR制度を使用した判定からの失点で勢いを削がれたのは間違いないが、張りつめた糸がぷつりと切れたかのように、急激にチームの歯車が噛み合わなくなってしまった。格上との対戦が多くなる本大会を見据えれば、失点後のリアクションは大いに改善が必要。ベルギー戦では、もちろん得点を許さずに試合を終えるのがベストだが、失点後にいかにチームを立て直すか。守備の柱となる吉田麻也を中心に課題に対するアクションを見てみたい。

対するベルギーは比較的に恵まれたグループに入ったこともあり、ヨーロッパ予選を9勝1分、43得点6失点と文句なしの成績で突破。ブラジルほど完成度の高いチームには仕上がっていない印象だが、世界でも指折りのタレント集団であることは明白だ。予選では「3-4-2-1」のシステムでプレーすることが多かったが、ウイングバックの攻め上がりが強烈な武器になる反面、その裏を突かれることで弱点にもなった。日本としてはサイドの攻防を制し、センターバックを外に釣り出す形からゴールに迫りたい。

観客数 -人 気温 9.0℃ 主審 マケリー
芝状況 全面良芝乾燥 湿度 93% 副審 ディクス
天候 曇り 無風 副審 ステーフストラ

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント