IDでもっと便利に新規取得

ログイン

EAFF E-1サッカー選手権

キックオフ:
2017/12/16(土) 19:15
試合会場:
味の素スタジアム
日本
1 1 前半 3 4
0 後半 1
試合終了
韓国

試合経過

  前半2分 警告:チャン ヒョンス
得点:小林 悠 前半3分1 - 0  
  前半5分 警告:コ ヨハン
  前半13分1 - 1 得点:キム シヌク
警告:車屋 紳太郎 前半22分  
  前半23分1 - 2 得点:チョン ウヨン
  前半35分1 - 3 得点:キム シヌク
  後半17分 警告:ユン ヨンソン
井手口 陽介三竿 健斗 後半21分  
  後半23分 イ グノヨム ギフン
  後半24分1 - 4 得点:ヨム ギフン
伊東 純也川又 堅碁 後半25分  
  後半26分 イ ジェソンチョン スンヒョン
倉田 秋阿部 浩之 後半36分  
  後半43分 キム シヌクチン ソンウク

チームスタッツ

50% ボール支配率 50%
5 シュート 16
4 枠内シュート 10
0 オフサイド 2
11 フリーキック 20
3 コーナーキック 7
1 ペナルティキック 0
警告
1
退場
0
警告・退場
警告
3
退場
0
  • 日本
  • 韓国

戦評

逃したのはあと一歩のところで手が届いたはずの優勝の称号。浴びせられたのは特大のブーイング。まさに「自滅」と形容するにふさわしい試合を見せつけてしまった。開始早々にPKから先制した日本。しかし、守備では簡単にマークを振り切られ、球際ではことごとく競り負け、攻撃では精度を欠いた縦パスやロングボールを放り込み続けるばかり。この流れのまま、見る見るうちに3得点を奪われて前半のうちにあっさりと逆転を許す。

再起が期待された後半だったが、単調で低調なパフォーマンスは改善されることなく、韓国に4点目を献上。アイデアに乏しい攻撃に終始した「サムライブルー」は因縁の相手に一矢を報いることさえできずに敗戦。90分間声援を送り続けたスタンドからは怒号が飛んだ。キャプテンマークを巻いた昌子源は試合後のインタビューでゲームを淡々と振り返ったが、勝利への野心をチームとして示さない限り、立て直しを図るのは難しいであろう。半年後に迫ったロシアでの大舞台に向けて、厳しい道のりが続く。

見どころ

苦しみながらも連勝で首位に立つ日本は、最終戦となる韓国戦を引き分け以上で終えれば、優勝が決まる。中国戦ではスピードに秀でたアタッカーへの対応に手を焼いたものの、打たれたシュートは4本のみ。前回大会の3試合で4失点を食らったことを考えれば、2戦を終えて失点はPKのみという結果は前向きにとらえたい。ただ、国内の選手たちが普段から代表チームでの活動をメインに練習しているという北朝鮮を除けば、各国が「急造チーム」で臨む今大会。必然的にゲームレベルは高いとは言いがたく、少々評価の難しい大会ともいえる。

ただ、優勝を目指すことと同時に、3試合を通して多くの情報を得たいと語っていた大会前のハリルホジッチ監督。ここまで出番がないのは権田修一と初招集の初瀬亮、三竿健斗の3選手のみで、ワールドカップへ向けたメンバー選考を進めながら優勝へ近付いている点は評価すべきだ。2試合の中で目立った選手は複数いるが、韓国戦での注目は川又堅碁。2戦ともに途中交代ながら攻撃にポジティブな変化をもたらしており、独特の存在感を放っている。強さと激しさを備える韓国守備陣を相手に臆せず戦い、優勝を決定づけるゴールを決められるか。

観客数 36645人 気温 9.5℃ 主審 クリストファー ビース
芝状況 全面良芝乾燥 湿度 50% 副審 ポール アダム セトランゴロ
天候 晴れ 弱風 副審 パリサ ヘマトゥンガ

大会情報

日程 区分 大会名
2017/12/9(土)〜2017/12/16(土) A代表 EAFF E-1サッカー選手権
  • ※ 日時はすべて日本時間

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント