IDでもっと便利に新規取得

ログイン

AFC U-23選手権 ノックアウトステージ

キックオフ:
2018/1/19(金) 17:00
試合会場:
江陰体育中心
U-21日本
0 0 前半 3 4
0 後半 1
試合終了
U-23ウズベキスタン

試合経過

  前半31分0 - 1 得点:ヤボヒル シディコフ
  前半35分0 - 2 得点:ドストンベク ハムダモフ
  前半39分0 - 3 得点:ヤスルベク ヤフシボエフ
高木 彰人三好 康児
岩崎 悠人旗手 怜央
後半0分  
  後半2分0 - 4 得点:ヤスルベク ヤフシボエフ
井上 潮音伊藤 洋輝 後半23分  
  後半30分 ヤボヒル シディコフボビル アブディホリコフ
  後半33分 警告:ドストンベク トゥルスノフ
  後半37分 ザビキージョ ウリンボエフドニヨルジョン ナルズラエフ
警告:田川 亨介 後半40分  
  後半41分 オディルジョン ハムロベコフアブドゥヤモル イスロイロフ

チームスタッツ

43% ボール支配率 57%
4 シュート 20
1 枠内シュート 9
1 オフサイド 3
14 フリーキック 14
4 コーナーキック 3
0 ペナルティキック 0
警告
1
退場
0
警告・退場
警告
1
退場
0
  • U-21日本
  • U-23ウズベキスタン

戦評

グループステージのタイ戦と板倉滉を除いて同じメンバーで臨んだ日本。序盤は互いに前線からの積極的なプレスバックが効果を発揮し、攻守の入れ替わりが激しいスピード感あふれる展開となる。だが、その後はウズベキスタンがロングボールに活路を見いだす一方で、ショートパスにこだわる日本は状況を打開できず、自陣で軽率なミスを連発。わずかな隙も見逃さない相手を前に守備陣はあっけなく3点を失い、攻撃陣はシュートを1本も放てないまま試合を折り返す。

日本は後半も劣勢に立たされ、早々に4点目を献上。途中出場の旗手怜央や三好康児らが停滞したリズムを変えようと奮闘したものの、アタッキングサードでの相手のブロックを崩すアイデアが乏しく、目立った決定機を作れない。守備でも最後まで3バックの脇をケアできずにサイドを好きなように使われてしまい、反撃ののろしすら上げられないまま終了の笛が鳴った。

M-150カップのリベンジはかなわず、かえって力の差を痛感させられる結果となってしまった「森保ジャパン」は、ベスト8で今大会から去ることになった。

見どころ

北朝鮮を下し、3連勝でグループステージを首位通過した日本。「勝つために戦える選手を選んで臨む」と指揮官が送り出した、これまで出番の少なかった面々が起用に応えてみせた。ディフェンスラインから丁寧につないでピッチを広く使って攻撃を展開し、守備では5-4-1のブロックを敷くリトリート戦術を基本に粘り強く守り切る。メンバーを入れ替えた中でも戦い方はぶれることなく、約束事がチーム全体に浸透していることをうかがわせた。個人に目を向けると、チーム最年少の伊藤洋輝が出色の出来を披露。ニューヒーローの誕生には誰もが期待を寄せており、森保一監督にとってもうれしいトピックだ。

準々決勝の相手であるウズベキスタンには、先のM-150カップで苦杯をなめさせられた。特にエースのザビキージョ・ウリンボエフには2得点を奪われているだけに注意が必要だ。今大会ではノーゴールと沈黙しているが、爆発力を秘めたストライカーを止められるかどうかは勝負のすう勢を左右する。

課題と向き合いながらも、一つ一つ克服していく「森保ジャパン」。異国の地で着実に成長を遂げている若き戦士たちは、難敵を退けてベスト4への扉を開けるか。

観客数 380人 気温 8.0℃ 主審 フー ミン
芝状況 良芝乾燥 湿度 45% 副審 ハウ イメイ
天候 曇り 弱風 副審 ソウ イー

大会情報

日程 区分 大会名
2018/1/19(金)〜2018/1/27(土) 五輪世代 AFC U-23選手権 ノックアウトステージ
  • ※ 日時はすべて日本時間

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント