IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アルガルベカップ ノックアウトステージ

キックオフ:
2018/3/7(水) 23:55
試合会場:
エスタディオ ムニシパル ベラビスタ
カナダ女子
2 1 前半 0 0
1 後半 0
試合終了
日本女子

試合経過

得点:ジャニン ベッキー 前半20分1 - 0  
ディアーナ マシスンジュリア グロッソ 前半33分  
  後半0分 有吉 佐織清水 梨紗
得点:アシュリー ローレンス 後半5分2 - 0  
  後半13分 中島 依美宇津木 瑠美
菅澤 優衣香田中 美南
ジャニン ベッキーマイガン ケリー
ニシェール プリンスジョルディン フイテマ
後半25分  
  後半30分 清水 梨紗高木 ひかり
クリスティーネ シンクレアアドリアナ レオン 後半36分  
警告:カデイシャ ブキャナン 後半40分  
ジュリア グロッソソフィー シュミット 後半41分  
警告:ジョルディン フイテマ 後半43分  

チームスタッツ

48% ボール支配率 52%
8 シュート 4
2 枠内シュート 0
1 オフサイド 0
10 フリーキック 13
1 コーナーキック 0
0 ペナルティキック 1
警告
2
退場
0
警告・退場
警告
0
退場
0
  • カナダ女子
  • 日本女子

戦評

今大会で華麗な連係を見せてきた日本だったが、今日は雨の影響で滑るピッチに苦しめられた。マンマークを敷くカナダにパスコースをふさがれ、やむなく前線へ大きく蹴り出す場面が散見。球離れの悪さやリスク管理の甘さが原因となり、中盤でミスが相次いだ。

先制点を献上して相手が守備の意識を高めると、その傾向はさらに顕著になる。攻撃の中核である岩渕真奈はDFのしつこいマークに遭い、ボールをもらうことすらままならない。終了間際に獲得した唯一の決定的なチャンスともいえるPKもクロスバーに嫌われ、無得点のままタイムアップの笛を迎えた。

守備では、エースのクリスティーネシンクレアに対しては粘り強い対応を見せていた反面、集中力を欠いた一瞬の隙が命取りとなる結果に。許した2ゴールはいずれも軽率な判断から生まれたものであり、展開を考えれば非常にもったいない失点だった。

前回大会と同様、6位でフィニッシュした日本。攻守両面で現実を突き付けられた中、来たるアジアカップに向けてどのような修正が施せるのか。指揮官の手腕が問われる1ヵ月になるだろう。

見どころ

日本は昨年と同様、5位決定戦に回ることとなった。カナダとは同国への遠征以来、およそ3年4ヵ月ぶりの対戦となる。当時、ゴールを許したソフィーシュミットは現在横山久美のチームメイトで、さらに忘れてはならないのが「生ける伝説」クリスティーネシンクレア。先日の韓国戦でも2ゴールを挙げる活躍を披露し、通算得点数は172に。アビーワンバックの持つ世界記録まで自身の背番号と同じ「12」と迫った。女子サッカー界を代表するレジェンドに敬意を払いつつも、この日ばかりは仕事をさせぬよう、タイトなマークが必要だ。

第3戦では90分間前線からのプレッシングが機能し、ボールホルダーの選択肢を制限することに成功。いい守備から流れをつかみ、攻撃にもリズムが生まれた。完封勝利と3試合連続の複数得点という結果は、大きな自信につながるだろう。とはいえ、1対1の対応では後手を踏む場面も見られた。難しいピッチコンディションへの対応も含めて、過信に陥らないよう注意したい。

観客数 -人 気温 13.0℃ 主審 ケーシー シンクレア
芝状況 不良水含み 湿度 88% 副審 ティルトリン チュオン
天候 中風 副審 バオ マァンシャオ

大会情報

日程 区分 大会名
2018/3/7(水)〜2018/3/7(水) 女子 アルガルベカップ ノックアウトステージ
  • ※ 日時はすべて日本時間

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント