IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アジア競技大会 ノックアウトステージ

キックオフ:
2018/8/29(水) 21:30
試合会場:
パカンサリ スタジアム
U-21日本
1 0 前半 0 0
1 後半 0
試合終了
U-23UAE

試合経過

旗手 怜央上田 綺世 後半19分  
  後半22分 警告:モハメド アルメスマリ
  後半26分 モハメド アルメスマリシャヒーン アルダルマキ
  後半32分 警告:サレム アルシャルジ
得点:上田 綺世 後半33分1 - 0  
神谷 優太松本 泰志 後半37分  
  後半40分 マジド サリムアハマド アルハシュミ
ザイド アルアメリフサイン アブドゥラ
  後半44分 警告:カレド アルダンハニ

チームスタッツ

51% ボール支配率 49%
13 シュート 9
1 枠内シュート 0
0 オフサイド 2
11 フリーキック 7
3 コーナーキック 1
0 ペナルティキック 0
警告
0
退場
0
警告・退場
警告
3
退場
0
  • U-21日本
  • U-23UAE

戦評

UAEは4バックのサイドに両サイドハーフが下がり、「6バック」のような並びで守備を形成。日本はいかにして相手の堅守を崩すかというタスクと向き合うことになった。

前半はサイドにその答えがないかと探る展開。主に左ウイングバックの遠藤渓太が止まった状態から一気に加速してのドリブルで幾度となく好機を作る。しかし、意識を守備に集中させる相手を打ち破ることは容易ではなく、無得点のまま時間が経過。難問の答えは出ず、後半に持ち越しとなった。

後半はさすがに足が止まり、サイドに活路を見いだせないまま推移。そんな中、森保一監督は上田綺世を投入する。すると、ピッチに立った直後に前田大然の絶好機を演出。惜しくも前田が決め切れなかったものの、ならば自分がと後半33分にシュートを沈め、待望の先制点を奪う。今大会において采配が的中している指揮官がまたしても結果を残し、堅ろうな守備網を打ち破った。

これで日本は決勝へ進出。2大会ぶりの優勝を狙う日本と、連覇を狙う韓国の宿敵同士の対決が最高の舞台に用意された。

見どころ

サウジアラビアを下し、森保一監督が大会前から目標に掲げていたベスト4進出については達成。準決勝ではメダル獲得を懸けてUAEと相対することとなった。決して順調とはいえないながらも、ここまで90分間で勝ち切ってきた日本に対し、UAEはノックアウトステージに入ってからは2試合連続でPK戦までもつれ込んでいる。中1日での連戦とあってコンディションの面では日本に分があるといえるだろう。ただ、ここまで勝ち進んできた相手に油断は禁物であり、ましてUAEは近年A代表において日本と互角の勝負を演じている実力国だ。さらに、接戦を制してきたことでチームの一体感が高まっているのは想像に難くない。一発勝負の舞台とあって、相手の勢いにのまれないことが重要となる。

準々決勝での勝利により、9月1日までの代表活動の継続が決定。東京オリンピックを見据えた上でも、真夏の過密スケジュールを経験できることは大きな財産になる。UAE戦では守備の要である板倉滉が出場停止。主力選手の不在は今後も起こり得るシチュエーションなだけに、チーム一丸となってこれを乗り切れるか。先発メンバーの選択はもちろん、ベンチワークにも注目したい。

観客数 -人 気温 24.0℃ 主審 ユ ミン スン
芝状況 全面良芝乾燥 湿度 85% 副審 ロ イー ミン
天候 曇り 弱風 副審 クオ チャン ユ

大会情報

日程 区分 大会名
2018/8/23(木)〜2018/9/1(土) 五輪世代 アジア競技大会 ノックアウトステージ
  • ※ 日時はすべて日本時間

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント