IDでもっと便利に新規取得

ログイン

EAFF E-1サッカー選手権

キックオフ:
2019/12/10(火) 19:30
試合会場:
釜山九徳スタジアム
中国
1 0 前半 1 2
1 後半 1
試合終了
日本

試合経過

  前半23分 警告:三浦 弦太
警告:メイ ファン 前半27分  
  前半29分0 - 1 得点:鈴木 武蔵
警告:ジャン ジーポン 前半31分  
フォン ジンカオ ユンディン 後半14分  
ワン シャンユアンリー ハン 後半22分  
リー アンユー ダーバオ 後半25分0 - 2 得点:三浦 弦太
  後半27分 鈴木 武蔵田川 亨介
警告:ミン ティアン 後半32分  
  後半39分 橋岡 大樹相馬 勇紀
得点:ドン シュエシェン 後半45分1 - 2  

チームスタッツ

49% ボール支配率 51%
8 シュート 11
1 枠内シュート 2
505(81%) パス(成功率) 570(84%)
4 オフサイド 3
26 フリーキック 17
4 コーナーキック 2
0 ペナルティキック 0
警告
3
退場
0
警告・退場
警告
1
退場
0
  • 中国
  • 日本

戦評

A代表では6月以来となる3バックで大会初戦に臨んだ日本。勝敗とともに各選手のアピールが注目される中、目を引いたのは遠藤渓太と森島司のパフォーマンスだ。A代表初出場となった2人は左サイドで好連係を披露し、先制点を含む数々の決定機を創出。遠藤は持ち前のスピードと縦への突破力を、森島は常に相手の嫌がる位置を取るポジショニングと卓越したボールキープ力を発揮し、互いに攻撃の中核として存在感を示した。

一方で、守りの面はチーム全体で反省が必要だ。プレッシャーの掛けどころが定まらないために前からボールを追えない前線と、ラインを高く保って能動的に守備を講じたいディフェンス陣の意思統一が図れない。これによって中盤で相手に余裕を持ってボールを回されてしまい、また最終ラインの背後に大きく空くスペースをいいように使われてしまうシーンが多発。試合の閉じ方にも失敗し、相手に反撃の余地を与えた点も課題のひとつだろう。

初招集の選手が多く、連係を深める時間もない難しい状況の中、複数得点を奪って白星を得た「森保ジャパン」。次戦は中3日で迎えるが、どのようなフォーメーション、メンバーで臨むだろうか。

見どころ

EAFF E-1サッカー選手権は、国内組のみで挑む大会として毎回注目を集めるが、今回は11人がA代表初選出となり、東京オリンピック世代の選手が全体の14人を占めるというフレッシュな構成で臨むこととなった。いよいよ来夏に迫った祭典に向けての強化だけでなく、2022FIFAワールドカップカタールに向けたラージグループの形成など、世代別代表を兼任する指揮官ならではの、さまざまな思惑がうかがえる。ほぼ1週間で3試合をこなすため、全てのゲームでメンバーを固定して戦うことは考えづらい。A代表定着に燃える「国内組」の選手たちへアピールのチャンスがどう割り振られるのかは、今大会の最も注目すべきポイントだろう。

初戦の相手となる中国は、ファビオ・カンナバーロがわずか2戦で監督を辞任し、かつての教え子に後を託したはずのマルチェロ・リッピが復任。しかし、そのリッピも11月に辞任を表明しており、不安を抱えた状態で大会を迎えている。前身のEAFF東アジアカップ2015を含め、近年満足の行く結果を残せていない日本としては、内容と結果の両面で中国を大きく上回りたいところだ。

観客数 -人 気温 9.0℃ 主審 イルギス タンタシェフ
芝状況 全面良芝乾燥 湿度 73% 副審 ラウット ナカリット
天候 晴れ 弱風 副審 ジャホンギル サイドフ

大会情報

日程 区分 大会名
2019/12/10(火)〜2019/12/18(水) A代表 EAFF E-1サッカー選手権
  • ※ 日時はすべて日本時間

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント