IDでもっと便利に新規取得

ログイン

国際親善試合

キックオフ:
2020/11/13(金) 23:15
試合会場:
メルクール アレーナ
日本
1 0 前半 0 0
1 後半 0
試合終了
パナマ

試合経過

  前半27分 警告:オスカル リントン
橋本 拳人遠藤 航 後半0分  
長友 佑都原口 元気 後半13分  
得点:南野 拓実 後半16分1 - 0  
  後半17分 ビクトル グリフィスアルマンド クーペル
  後半21分 警告:エドガル バルセナス
  後半26分 セサル ヤニスホルマン アギラル
エドガル バルセナスオマール ブラウン
南野 拓実鎌田 大地
久保 建英浅野 拓磨
後半27分  
警告:室屋 成 後半30分  
  後半32分 退場:ルイス メヒア
  後半36分 アブディエル アヤルサオルランド モスケラ
ガブリエル トーレスホセ ファハルド
柴崎 岳中山 雄太
室屋 成酒井 宏樹
後半37分  
警告:吉田 麻也 後半50分  

チームスタッツ

50% ボール支配率 50%
17 シュート 12
5 枠内シュート 5
502(83%) パス(成功率) 404(82%)
3 オフサイド 4
17 フリーキック 27
4 コーナーキック 5
1 ペナルティキック 0
警告
2
退場
0
警告・退場
警告
2
退場
1
  • 日本
  • パナマ

戦評

今年の最後の活動となるオーストリア遠征は、ワールドカップアジア2次予選の最終調整の場となる。その中で、攻撃陣の起用法は大きく注目されたが、今日は3-4-2-1を採用。最前線に南野拓実、2シャドーに久保建英、三好康児が名を連ねた。

立ち上がりは攻め込む時間が続き、課題の攻撃に改善の兆しが見えたかのように思われた。しかし、時間が経過するにつれてその勢いは消滅。パナマの前線からの積極的な守備に苦しみ、ビルドアップに詰まる場面が続いてしまう。そんな中、前線の3人の連係でゴールに襲い掛かるも、その回数はわずか。オランダ遠征と同様に、攻めに難を抱えたまま試合を折り返す。

遠藤航を中盤に据えた後半は、徐々にリズムが生まれる。攻守の懸け橋となった「6番」がチームを盛り立てる中で、後半16分にPKから南野が先制点を奪取。その後、相手が退場者を出し、ゴールに迫る機会が増えたが、そのままタイムアップ。今日も流れの中から得点を奪えず、課題の解決は持ち越しになったといえるだろう。一方、何よりも評価すべきなのは守備面。危ない場面もあった中で、集中力のある守備を披露し、先月から3戦連続クリーンシートを達成した。

見どころ

先月オランダ遠征に臨んだ日本は、1勝1分けと及第点の結果を残した。連係不足の感は否めなかったが、ブランクがあった中で一定の結果をつかんだことは評価に値する。ワールドカップアジア2次予選は来年3月に再開する予定であり、今回のオーストリア遠征が予選前最後の代表活動となる。その試合に向けた定位置争いは見どころだ。

最注目には鈴木武蔵を挙げる。コートジボワール戦では先発出場を飾ったものの、相手のマークに苦しみ、得点を奪えずにピッチを退いた。結果が求められるポジションで重圧に打ち勝ち、一皮むけたプレーを披露できるか。

前回は招集が見送られた浅野拓磨、橋本拳人の2選手にも注目だ。浅野は所属クラブで出場を続け、確かな自信を得ている。スピードスターに出場の機会が訪れれば、得点に直結するプレーに期待したい。橋本はロシアに渡って以降ゴールを重ね、Jリーグでのプレーぶりとは一味違う活躍を披露。日本のサポーターにもプレー幅が広がった姿を見せられるか。

パナマとの前回対戦では、日本が3得点を挙げ、快勝を収めた。だが、特に日本は大きくメンバーが替わっており、油断は禁物。内容と結果をともに求め、今後の足掛かりとしたい。

観客数 -人 気温 13.2℃ 主審 ペトル チョキルカ
芝状況 - 湿度 80% 副審 マクシミリアン コルビッチュ
天候 曇り 弱風 副審 アンドレアス ヴィチュニグ

スポナビDo

新着記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント