IDでもっと便利に新規取得

ログイン

女子五輪 グループステージ

キックオフ:
2021/7/21(水) 19:30
試合会場:
札幌ドーム
日本女子
1 0 前半 1 1
1 後半 0
試合終了
カナダ女子

試合経過

経過

  前半6分0 - 1 得点:クリスティーヌ シンクレア
菅澤 優衣香田中 美南 後半0分  
  後半8分 警告:ステファニー ラベー
  後半13分 ステファニー ラベーカイレン シェリダン
塩越 柚歩遠藤 純 後半17分  
  後半28分 クインディアン ローズ
中島 依美杉田 妃和 後半31分  
得点:岩渕 真奈 後半39分1 - 1  
  後半40分 ニシェール プリンスアドリアナ レオン
クリスティーヌ シンクレアエヴリーヌ ヴィーンズ
長谷川 唯籾木 結花 後半45分  

チームスタッツ

51% ボール支配率 49%
12 シュート 8
4 枠内シュート 1
549(78%) パス(成功率) 545(78%)
0 オフサイド 2
4 フリーキック 3
5 コーナーキック 5
1 ペナルティキック 0
警告
0
退場
0
警告・退場
警告
1
退場
0
  • 日本女子
  • カナダ女子

戦評

追い付いてのドローをポジティブにとらえるのか、PK失敗や球際での劣勢など思うようにプレーできなかったことをネガティブにとらえるのか、評価の分かれる試合となった。

開始して間もない時間に「レジェンド」クリスティーヌ・シンクレアに決定力の差を見せつけられ、ビハインドを負ったなでしこジャパン。その後はピンチらしいピンチこそ訪れなかったが、攻撃は停滞してしまう。右サイドで清水梨紗と塩越柚歩が気を吐くものの、中央ではブロックを構築したカナダに対し、ボランチが前を向いて有効な縦パスを入れるシーンはわずか。次第にペナルティエリア内に進入できなくなり、シュートは距離のある位置からのみと、もどかしい展開のまま前半が終わってしまう。

後半はPKのチャンスを迎えるも、モノにできずに流れを変えられない。それでも、時計の針が進むにつれて相手の運動量が落ちると、好機は生まれ始める。そして、意表を突く縦に速い攻撃から「新10番」岩渕真奈が同点弾を奪う。その後、終盤は猛攻にさらされながら粘りを見せてタイムアップを迎えた。

確かに力の差はあった。だが、勝点は得た。チームは前を向いて次戦に備えるしかない。

見どころ

いよいよ第32回オリンピック競技大会が幕を開ける。開会式に先駆け、ソフトボール女子とともに日本選手団の先陣を切るなでしこジャパン。オリンピック出場は2大会ぶり5回目となり、期待されるのはもちろん金メダルだ。

試合の最大の焦点は勝ち切れるか否か。常に語られているように、初戦は難しいゲームになりがちだ。使命感にとらわれ過ぎず、自国開催の大舞台を楽しむくらいがちょうどいいだろう。どのような形であれ3ポイントが欲しいのは事実だが、持ち味を発揮することが勝利への近道。オーストラリア戦で得た教訓を糧に、テンポの良いボール回しと積極的な縦パスを増やしたい。「新10番」岩渕真奈が結果を出せば、ピッチの内外に好影響を及ぼすだろう。

カナダは4大会連続4回目の出場で、2大会連続で銅メダルを獲得中だ。昨年から指揮を執る35歳のベヴ・プリーストマン監督が、代表キャップ300にあと1と迫るクリスティーヌ・シンクレアらベテラン勢と若手をまとめ上げている。ニシェール・プリンスのようなパワーや嗅覚に優れたFWも控えており、日本としては自陣のゴールから相手をできるだけ遠ざけるような守備を意識したい。

観客数 -人 気温 24.0℃ 主審 エディナ アウベス
芝状況 - 湿度 81% 副審 ネウザ バック
天候 屋内 無風 副審 モニカ アンボヤ

大会情報

日程 区分 大会名
2021/7/21(水)〜2021/7/27(火) 女子 女子五輪 グループステージ
  • ※ 日時はすべて日本時間

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント