IDでもっと便利に新規取得

ログイン

五輪 グループステージ

キックオフ:
2021/7/22(木) 20:00
試合会場:
東京スタジアム
U-24日本
1 0 前半 0 0
1 後半 0
試合終了
U-24南アフリカ

試合経過

経過

警告:遠藤 航 前半37分  
警告:堂安 律 後半12分  
三好 康児相馬 勇紀 後半15分  
得点:久保 建英 後半26分1 - 0  
中山 雄太旗手 怜央
林 大地上田 綺世
後半27分  
  後半34分 リーブ フロスラーコバメロ コディサン
堂安 律町田 浩樹 後半40分  
警告:中山 雄太 後半46分 グッドマン モセレエンコシンジピル エンコボ

チームスタッツ

53% ボール支配率 47%
13 シュート 4
5 枠内シュート 1
603(85%) パス(成功率) 466(81%)
4 オフサイド 3
7 フリーキック 18
6 コーナーキック 1
0 ペナルティキック 0
警告
3
退場
0
警告・退場
警告
0
退場
0
  • U-24日本
  • U-24南アフリカ

戦評

初戦の重要性は日本サッカー界全体が身をもって体験してきた。さらに、自国開催というプレッシャーも加わる中、日本の選手は我慢強く戦い、殊勲の勝点3を得た。

前半は日本がボールを持ち、堅いブロックを組む南アフリカに挑む展開が続く。2列目の久保建英、堂安律、三好康児が幾度もポジションを入れ替えて相手を翻弄し、両サイドの酒井宏樹と中山雄太が高い位置を取って攻め込む。一度は林大地がネットを揺らす場面を作るも、オフサイドの判定となるなど、効果的な攻撃はわずかにとどまり、1点が遠いままスコアレスで45分を終える。

後半も同様の展開は変わらず、もどかしい時間が続く。徐々に日本のスピードに慣れてきた南アフリカのプレスにも苦しみ、嫌なムードのまま終盤に入るかと思われたが、ここで試合を動かしたのは久保だった。自ら仕掛けて攻撃を完結し、「魔法の左足」で待望の先制点をもたらす。

以降は相手の攻撃をしっかりとはじき返し、まさに「強さ」を見せて勝利を飾った日本。53年ぶりのメダル獲得と、その先の悲願の金メダルへ向け、好発進を見せた。ここからさらに厳しい試合が続くと予想される中、日本全体に勇気を与える戦いぶりに期待したい。

見どころ

ついに第32回オリンピック競技大会の幕が上がる。種目によっては21日から熱戦の火ぶたが切られているが、男子サッカーは22日に全グループが一斉に開幕。日本は53年ぶりとなるメダル獲得を目標に掲げつつ、まずはグループステージ突破を目指す。

今大会の日本のメンバーには、すでに「フル代表」のレギュラーでもある冨安健洋に加えてオーバーエイジ枠の3人を含めた守備陣と、本来は「パリ世代」ながら飛び級ということを忘れさせる久保建英や4試合連続得点中の堂安律を中心とした攻撃陣など、強力な面々がそろっている。船出となる一戦でどのような戦いを見せられるかに注目したい。

そして、使い古された言葉だが「初戦が大事」なのは言うまでもない。2000年以降のオリンピック、さらにワールドカップを含めた大きな大会の初戦の結果は通算4勝1分け5敗で、初戦を落とさなかった大会では必ずグループステージ突破を果たしている。つまり、南アフリカ戦は引き分け以上がマストの「負けられない一戦」といえるだろう。その後の対戦カードを考えれば白星が必要なのは否めないが、開幕戦というプレッシャーをはねのけ、絶対条件である勝点の獲得を果たしたい。

観客数 -人 気温 27.0℃ 主審 ジーザス ヴァレンズエラ
芝状況 - 湿度 72% 副審 トゥーリオ モレノ
天候 晴れ 弱風 副審 ルビン トレアルバ

大会情報

日程 区分 大会名
2021/7/22(木)〜2021/7/28(水) 五輪世代 五輪 グループステージ
  • ※ 日時はすべて日本時間

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント