IDでもっと便利に新規取得

ログイン

女子五輪 グループステージ

キックオフ:
2021/7/24(土) 19:30
試合会場:
札幌ドーム
日本女子
0 0 前半 0 1
0 後半 1
試合終了
イギリス女子

試合経過

経過

警告:林 穂之香 前半30分  
塩越 柚歩籾木 結花 後半10分  
  後半14分 ソフィー イングルキャロライン ウィアー
林 穂之香三浦 成美
田中 美南遠藤 純
後半22分  
  後半29分0 - 1 得点:エレン ホワイト
  後半31分 ニキータ パリスレイチェル デーリー
警告:山下 杏也加 後半34分  
中島 依美岩渕 真奈 後半35分  
  後半43分 ローレン ヘンプジョージア スタンウェイ
キム リトルジル スコット

チームスタッツ

39% ボール支配率 61%
11 シュート 14
1 枠内シュート 1
397(78%) パス(成功率) 593(83%)
1 オフサイド 2
10 フリーキック 9
3 コーナーキック 7
0 ペナルティキック 0
警告
2
退場
0
警告・退場
警告
0
退場
0
  • 日本女子
  • イギリス女子

戦評

恐れずに強敵に挑んだが、イギリスが一枚上手だった。

日本は前節から打って変わって集中して入り、執念あるプレーを見せて質の高いゲームを披露。イギリスにボールを持たれる時間は組織的に奪いにいき、「攻めの守備」で相手に嫌なイメージを与える。ボールを持てばショートカウンターで迷いなくシュートに持ち込み、セットプレーでは無理に中へボールを送らずに工夫を凝らして好機を作る。スコアレスで試合を折り返すが、カナダ戦では見られなかった「なでしこ」らしさを発揮する。

そして、勝負の後半戦。展開は大きく変わらないが、日本の運動量が落ちるにつれて強敵の本性があらわに。徹底的にサイドを使って攻め立てる相手に対し、日本は南萌華や熊谷紗希を中心にはね返し続けるが、最も警戒していたクロスから、最も警戒していたエレン・ホワイトの得点を許す。その後は流れを変えるべく奮闘するが、相手の壁はとても分厚かった。

勝点1にとどまっているものの、レギュレーションを考慮するとチリ戦で勝利を挙げればノックアウトステージへ進出する可能性は十分高まる。懸命なプレーで可能性を感じさせた前半の内容を90分続けることで、自ら道を切り開きたい。

見どころ

初戦を辛うじて引き分けた日本。カナダ戦の前に岩渕真奈が課題に挙げていた「攻撃時の距離感」は改善されたとはいい難かった。「そこそこのチーム」から「強いチーム」に変貌を遂げるには、もう一皮むける必要がある。

イングランド代表勢を中心に、2大会ぶりに「TeamGB」として参加するイギリスは、チリ戦をパーフェクトな内容でシャットアウト。勝てばグループステージ突破が決まる状況だ。ストライカーのエレン・ホワイトの活躍はもちろんのことだが、両ウイングの突破力も光っている。

日本は初戦以上に我慢の展開を強いられるだろう。そのため、まずは守備陣が個で負けないこと。そして、主導権を握る時間を増やし、攻撃の割合を高めることが大切になる。PKこそ失敗した田中美南だが、動き出しやボールの引き出し方は申し分なかった。チームの活性化に一役買っていたため、汚名返上となる一発に期待したい。

また、屋内とはいえ中2日での連戦となるため、メンバー編成にも注目が集まる。初戦は「当初の18人」で戦ったが、「バックアップ組」にも出番は与えられるだろうか。スウェーデンでフィジカルをもまれた林穂之香や、前線でアクセントを付けられる最年少の木下桃香の存在もカギになりそうだ。

観客数 -人 気温 31.0℃ 主審 アナスタシア プストヴォイトヴァ
芝状況 - 湿度 55% 副審 エカテリーナ クロチキナ
天候 屋内 無風 副審 サンジャ ロダック

大会情報

日程 区分 大会名
2021/7/21(水)〜2021/7/27(火) 女子 女子五輪 グループステージ
  • ※ 日時はすべて日本時間

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント