IDでもっと便利に新規取得

ログイン

FIFAワールドカップ・アジア予選 最終予選

キックオフ:
2021/10/12(火) 19:10
試合会場:
埼玉スタジアム2002
日本
2 1 前半 0 1
1 後半 1
試合終了
オーストラリア

動画

試合経過

経過

得点:田中 碧 前半8分1 - 0  
大迫 勇也古橋 亨梧 後半16分 アダム タガートミッチェル デューク
アーロン ムーイアワー メイビル
  後半18分 警告:アジズ ベヒッチ
警告:守田 英正 後半23分  
  後半25分1 - 1 得点:アイディン フルスティッチ
南野 拓実浅野 拓磨 後半33分  
  後半36分 トム ロギッチジェームズ ジェゴ
守田 英正柴崎 岳
長友 佑都中山 雄太
後半39分  
得点:オウンゴール 後半41分2 - 1  
  後半44分 フラン カラチッチライアン グラント
マーティン ボイルクリス イコノミディス
  後半48分 警告:ハリー サウター

チームスタッツ

46% ボール支配率 54%
12 シュート 10
6 枠内シュート 4
444(76%) パス(成功率) 508(80%)
1 オフサイド 0
7 フリーキック 12
3 コーナーキック 3
0 ペナルティキック 0
警告
1
退場
0
警告・退場
警告
2
退場
0
  • 日本
  • オーストラリア

戦評

日本は苦しみ抜きながらも、一筋の「蜘蛛の糸」をつかみ取った。

システムを変更し、中盤に田中碧、守田英正、遠藤航の3枚を並べてこの一戦に臨んだサムライブルー。その効果は序盤から表れる。グループ首位を保つオーストラリアに対して巧みにパスを回し、ボールを奪われてもすぐにプレスを掛けて回収。田中が挙げた先制点もボール奪取からの素早い攻撃によるものだった。

だが、その後の時間はチャンスを生み出しても、決め切れない時間が続く。すると、後半20分にオーストラリアにPKの判定。これはのちにVARのサポートによってFKとなったものの、そのFKを直接沈められて同点となる。

それでも、後がない日本はサポーターの後押しも受け、再び攻勢に。マシュー・ライアンの好セーブに阻まれる場面もあったが、ひるまずに勢いを持って攻め続ける。すると、終了間際に浅野拓磨が放ったシュートが最後はアジズ・ベヒッチに当たってゴールラインを割り、土壇場で勝ち越しゴールを奪う。そのまま2-1でゲームを締めた。

追い込まれた日本が気迫あふれるプレーで強敵を相手に勝点3を挙げた。この勢いのまま、来月のアウェイ2連戦に臨みたい。

見どころ

日本サッカー界の「緊急事態」だ。

アウェイの大一番で力負けを喫し、3戦を終えて白星はわずかに1。上位2チームとは6ポイント離されており、ワールドカップ出場が確定するグループ2位以内に入るためには、この試合での勝利が絶対条件と言える。

サウジアラビア戦はミスからの失点が注目される結果となったが、多くのチャンスを迎えながら無得点に終わった攻撃陣も課題は山積みといえるだろう。今回のキーマンとして、伊東純也を挙げたい。中国戦で見せた高速ドリブルはこの最終予選における、日本の唯一のゴールにつながった。高さで勝る相手に対し、「ズバッと」切り裂くプレーを見せて停滞感を打破できるか。

対戦相手のオーストラリアはここまでの3戦で7得点を挙げて全勝と絶好調。単に実力があるだけでなく、Jリーグでの経験豊富なグラハム・アーノルド監督、岡山に所属するミッチェル・デューク、C大阪のアダム・タガートなど、日本をよく知るメンバーがそろっていることも厄介な点だ。

カタールへの道に黄信号がともっている今、まさにサムライブルーの底力が試されている。約1万人の来場が見込まれる埼玉の地で、サポーターとともに背水の陣を敷いて立ち向かう。

観客数 14437人 気温 20.0℃ 主審 アブドゥルラフマン アルジャッシム
芝状況 全面良芝乾燥 湿度 77% 副審 タレブ アルマッリ
天候 曇り時々雨 弱風 副審 サウードアハメド アルマカーレハ

大会情報

日程 区分 大会名
2021/9/2(木)〜2022/3/29(火) A代表 FIFAワールドカップ・アジア予選 最終予選
  • ※ 日時はすべて日本時間

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント