IDでもっと便利に新規取得

ログイン

AFC女子アジアカップ グループステージ

キックオフ:
2022/1/24(月) 23:00
試合会場:
シュリー シブ チャトラパティ スポーツコンプレックス
ベトナム女子
0 0 前半 1 3
0 後半 2
試合終了
日本女子

試合経過

経過

  前半30分 警告:菅澤 優衣香
  前半38分0 - 1 得点:成宮 唯
グエン ティ バンファム ハイ イエン 後半0分 菅澤 優衣香宮澤 ひなた
  後半5分0 - 2 得点:熊谷 紗希
  後半10分 熊谷 紗希宮川 麻都
清水 梨紗宝田 沙織
  後半13分0 - 3 得点:成宮 唯
  後半18分 警告:宮澤 ひなた
猶本 光長野 風花
ズオン ティ バンレ ティ ジエム ミー 後半31分 田中 美南植木 理子
警告:チュオン ティ キエウ 後半34分  
グエン ティ トゥエット ズンガン ティ バン スー 後半44分  
フイン ニュールオン ティ トゥ トゥオン 後半47分  

チームスタッツ

33% ボール支配率 67%
2 シュート 23
1 枠内シュート 9
208(57%) パス(成功率) 674(79%)
0 オフサイド 3
16 フリーキック 6
0 コーナーキック 13
0 ペナルティキック 0
警告
1
退場
0
警告・退場
警告
2
退場
0
  • ベトナム女子
  • 日本女子

戦評

中2日で今日を迎え、大幅にメンバーを変更して臨んだなでしこジャパン。連戦の中で初戦の「控え組」がどのような出来を見せられるかが注目された。

前半から圧倒的に攻め込む姿はミャンマー戦と同じ。ただ、得点を奪えない姿も重なってしまった日本。人に対してタイトに来るベトナムの守備を崩し切れず、ネットを揺らせないまま時間が経過。相手GKのミスが絡んで辛うじて均衡を崩したものの、満点とは言えない45分間となった。

後半はセットプレーから2点を奪い、結局この日は崩し切っての得点は生まれず。とはいえ、課題の1つでもあったセットプレーからのゴールが決まったことは朗報といえる。特にミャンマー戦で直接FKをたたき込み、この日も後半の2点に絡んだ猶本光は、試合を通じて幾度も精度の高いボールを蹴り込んでおり、今後の重要な一戦でも大事なピースとなるはず。確かな手応えを得て、3-0で試合は終了した。

2連勝でノックアウトステージ進出は決定し、次戦は勝点6で並ぶ韓国と激突する。2位進出の場合は、グループBの初戦で18得点を挙げるなど好調のオーストラリアと戦う可能性があるだけに、27日は大事なゲームになりそうだ。

見どころ

植木理子、猶本光、成宮唯に代表初ゴールが生まれ、難しいといわれる初戦を快勝で終えたなでしこジャパン。特に、後半から見せた「FW長谷川唯」は躍動感のある攻撃を生み出す大きな要因となった。ボールの集まるプレーヤーが最前線にいることで、これまで嘆かれていたフィニッシュ直結のシーンが増加し、得点にも結び付いている。

初のワールドカップ出場を目指すベトナムは、大会前にスペインでの長期合宿を決行した。チームとしての完成度は高まった反面、インド入り後の自主隔離期間のためにコンディション調整に苦戦。韓国戦は自陣での時間が続き、完敗を喫した。

両チームの現状や力関係を踏まえれば、初戦と同様に日本がボールを握る時間は長くなるはずだ。ミャンマー戦と同じく、ハーフコートゲームのような展開になるのであれば、攻撃のテンポの改善やシュート精度の向上など、引いた相手を崩すための一層のクオリティーとアイデアが必要になるだろう。

中2日での試合が続くため、ベトナム戦では選手の入れ替えも考えられる。初戦では途中出場の選手が結果を残したことで、チーム内の競争意識も高まるはずだ。新たな主人公の登場や、チームが成熟していく様子を見られる機会となりそうだ。

観客数 -人 気温 17.0℃ 主審 ララ リー
芝状況 全面良芝乾燥 湿度 60% 副審 ヘバ サーディ
天候 晴れ 弱風 副審 クリスティーナ セレダ

大会情報

日程 区分 大会名
2022/1/20(木)〜2022/1/27(木) 女子 AFC女子アジアカップ グループステージ
  • ※ 日時はすべて日本時間

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント