IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ご利用のブラウザ(Internet Explorer)は、2022年6月にユーザーサポートを終了いたします。 終了後、スポーツナビの一部のページは、Internet ExplorerからMicrosoft Edgeにリダイレクトされます。

Microsoft Edgeや別のブラウザをご利用いただきますようお願いいたします。

FIFAワールドカップ・アジア予選 最終予選

キックオフ:
2022/3/24(木) 18:10
試合会場:
スタジアム オーストラリア
オーストラリア
0 0 前半 0 2
0 後半 2
試合終了
日本

試合経過

経過

  前半11分 警告:長友 佑都
警告:コナー メトカトーフ 前半15分  
コナー メトカトーフジェームズ ジェゴ 後半0分  
警告:ジャンニ ステンスネス 後半10分  
  後半18分 長友 佑都中山 雄太
浅野 拓磨上田 綺世
アワー メイビルマルコ ティリオ
ミッチェル デュークブルーノ フォルナローリ
後半23分  
マーティン ボイルジェイミー マクラーレン 後半39分 田中 碧原口 元気
南野 拓実三笘 薫
  後半44分0 - 1 得点:三笘 薫
ジャンニ ステンスネスベン フォラミ 後半45分  
  後半49分0 - 2 得点:三笘 薫

チームスタッツ

44% ボール支配率 56%
9 シュート 18
3 枠内シュート 6
404(76%) パス(成功率) 555(81%)
0 オフサイド 5
20 フリーキック 11
4 コーナーキック 3
0 ペナルティキック 0
警告
2
退場
0
警告・退場
警告
1
退場
0
  • オーストラリア
  • 日本

戦評

互いに負けが許されない状況を反映するかのように緊迫した展開から始まり、落ち着いたパス回しがあれば、オープンな内容が続く時間帯も訪れ、濃淡のあるはっきりとした試合となる。日本は浅野拓磨が裏を狙う動きでチャンスを創出し、南野拓実が複数の決定機を迎えるが、得点を奪えず。反対に守備面では、アイディン・フルスティッチの個人技に幾度も苦しめられる。お互いスコアレスで終わったことが信じられないような45分となった。

ハーフタイムで日本が修正を行う。無理に攻め込まずに保持を優先させたプレーと、機を見たアタックを両立させ、リズムを掌握。相手のセットプレーはしっかりとはね返し続け、安定したまま試合は終盤へ。

すると、こう着ムードを「破壊」したのは三笘薫だった。投入直後から積極的な姿勢を見せ、ゴール前で迎えた決定機を落ち着いてものにすると、終了間際には気落ちした相手の隙を見逃さず、驚異の個人技で追加点も獲得。圧巻の活躍で勝利を引き寄せた。

苦しい最終予選だった日本だが、吉田麻也らベテランが背中で引っ張り、若手も融合して随所で強さを披露。見事な6連勝でカタールへの切符を得た。

見どころ

大一番を前に激震が走った。勝てばFIFAワールドカップ2022カタール出場が決まる一戦を控える日本だが、今最終予選の全試合で先発している大迫勇也がケガで辞退。さらに前田大然も不参加となり、古橋亨梧らも外れていることから、同予選で「最前線を務めたFW」は不在という状況に陥ってしまった。

それだけに、この緊急事態を救う「ニューヒーロー」が誰になるかに注目だ。好調の上田綺世や、過去に1トップを務めたことがある浅野拓磨などが選択肢だが、ここでは追加招集で初のフル代表に選出された林大地に期待したい。第32回オリンピック競技大会での奮闘ぶりが印象深い彼だが、そもそもは初の年代別代表選出となったアルゼンチン戦で得点を決め、少ないチャンスをつかんだことから代表での「物語」が始まっている。本戦でも当初はバックアップメンバーながら先発の座を勝ち取り活躍するなど、「勝負強さ」は圧巻。この一戦でも出場機会をつかみ、フル代表でも「ビースト」の名をとどろかせるべく印象的な働きを見せたい。

引き分け以上がマストといえる大事な一戦。歓喜の瞬間を迎えたいのはやまやまだが、展開によっては「賢く」戦うことも求められる難しい試合に臨む。

観客数 41852人 気温 19.0℃ 主審 ナワフ シュクララ
芝状況 全面良芝水含み 湿度 97% 副審 アブドゥラ サレハ アロワイミ
天候 弱風 副審 ファイサル アラウィ サイード

大会情報

日程 区分 大会名
2021/9/2(木)〜2022/3/29(火) A代表 FIFAワールドカップ・アジア予選 最終予選
  • ※ 日時はすべて日本時間

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント