ご利用のブラウザ(Internet Explorer)は、2022年6月にユーザーサポートを終了いたします。 終了後、スポーツナビの一部のページは、Internet ExplorerからMicrosoft Edgeにリダイレクトされます。

Microsoft Edgeや別のブラウザをご利用いただきますようお願いいたします。

J1

J1 第3節

3/5(土)14:00 サンガスタジアム by KYOCERA

1 0 前半 1 4
1 後半 3

試合終了

4

試合後勝点

4

前半:磐田ボールでキックオフ、試合開始

前半0分

京都は松田、磐田は山本康がキャプテンマークを巻く

前半0分

京都

予想フォーメーションは4-1-2-3。前節からのスタメン変更は2人。麻田、川崎が外れ、荻原、金子が入る。注目は中盤のトライアングル。豊富な運動量で攻守において存在感を示し、ハイプレスを掲げるチームの生命線となっている。今日は金子、松田、武田が務めるが、どのような味を出していくのか

前半0分

磐田

予想フォーメーションは3-4-2-1。前節からのスタメン変更は2人。山本義、金子が外れ、森岡、大津が入る。注目は杉本。新エースの呼び声が高いものの、開幕前の好調さとは裏腹に、ここまでノーゴールと苦戦。実力は折り紙付きであるため、いち早く結果を残して個人とチームの流れを変えたい

前半0分

昨季の対戦では磐田がシーズンダブルを達成した昇格組対決。ここまで京都は負けなしの一方で、磐田は勝ちなしと対極した結果となっている。J1での戦いに手ごたえをつかみつつある京都と、昨季の流れにあやかって今季初勝利を飾りたい磐田。どちらが勝点3を積めるか

前半0分

両者の過去対戦成績は24勝5分け7敗と磐田の勝ち越し

前半1分

磐田

大津が勢いのままにボールを持ち運ぶと、ペナルティエリア手前の左から中央へ切り込んでいく。しかし、戻ってきた白井にボールを奪われてしまい、シュートまで持ち込めない

前半3分

京都

上福元がビルドアップに加わり、後方から丁寧にボールを回している

前半4分

磐田

杉本が敵陣のハーフウェーライン付近から右サイドのスペースへボールを展開すると、受けた大森が周囲を見渡しながらボールを持ち運び、近くにいた遠藤にボールを預ける。すると、遠藤は敵陣中央からダイレクトでミドルシュートを放つ。しかし、枠を外してしまう

前半6分

京都

自陣でボールを奪うと、積極的にディフェンスラインの裏へボールを供給して相手ゴールに迫っている

前半7分

磐田

巧みなパスワークから松本がうまくボールを持ち運ぶと、ペナルティエリア右へボールを供給。これを受けた鈴木がうまく荻原をかわし、右足を振り抜くが、上福元のビッグセーブに遭って得点には至らない

前半8分

磐田

鈴木からのパスを受けた大津がタイミングを見計らい、ペナルティエリア手前の中央から右足を振り抜く。しかし、相手に体でブロックされてしまう

前半10分

磐田

ピーターウタカを狙ったロングボールに対して最終ラインが冷静に対処している

前半12分

磐田

ボールを握る時間が増え、相手の積極的なプレスをかわして攻め込もうとしている

前半14分

磐田

遠藤が右足で敵陣中央の左からふわりと浮かせたボールを供給。すると、ペナルティエリア中央で合わせたのは杉本。高い打点で力強いヘディングシュートを放つが、惜しくも枠の左に外れてしまう

前半16分

京都

ここまで相手にボールを保持される時間が続き、自慢のハイプレスで対抗するが、思うようにボールを取り切れていない

前半18分

京都

荻原がペナルティエリア左角付近でボールを受けると、右足に持ち替えてふわりと浮かせたボールを送る。しかし、勢いが弱く、ニアサイドで相手にクリアされてしまう

前半19分

磐田

ワンタッチも多用したテンポの良いパス回しを行いつつ、時にはロングボールも使って効果的なビルドアップを行っている

前半20分

京都

武富がペナルティエリア手前の右からふわりと浮かせたボールを供給。ここは相手にクリアされるが、こぼれ球を回収した白井が右足でペナルティエリア中央からシュートを放つ。枠へボールは飛んだものの、三浦の正面で防がれてしまう

前半20分

磐田

上福元の飛び出しを見逃さなかった伊藤がこぼれ球を回収し、自陣の右サイドからロングシュートを放つ。しかし、このシュートは上福元にペナルティエリア外から頭でクリアされてしまう

前半22分

互いに攻守の切り替えが早く、スピーディーな展開となっている

前半24分

京都

金子からのパスを受けたピーターウタカがペナルティエリア右へボールを供給。これに走り込んだ豊川が詰めるも、三浦にうまく処理されてしまう

前半24分

磐田

三浦が豊川との接触で倒れている

前半26分

磐田

三浦は無事立ち上がり、プレーを続ける

前半28分

京都

前線のキーマンである杉本に対し、守備陣は厳しくチェックを行っている

前半29分

磐田

大森からのパスに走り込んだ鈴木がペナルティエリア右から低めのクロスを供給。これに反応したのは大津。右足で懸命に合わせるが、惜しくも枠の左に外れてしまう

前半30分

磐田

ペナルティエリア左角付近から松本がふわりと浮かせたクロスを供給。一度はクリアされるが、こぼれ球を回収してつなぐ。すると、最後はペナルティエリア右から鈴木が右足でシュートを放つ。しかし、上福元に防がれてしまう

前半31分

京都

白井がペナルティエリア右脇からダイレクトでクロスを送ると、味方がうまくつなぐ。最後は武富の落としを受けた豊川がペナルティエリア中央から右足を振り抜くが、枠の上に外れてしまう。決定機を生かせない

前半33分

京都

敵陣でボールを保持する時間が増え、攻勢を強めている

前半35分

京都

松田のパスを受けた荻原がペナルティエリア中央から左足を振り抜く。ゴール右下へ放たれたボールだったが、三浦のビッグセーブに遭い、惜しくも決められない

前半35分

磐田

GOOOOOAL!! 自陣からボールをつないだ流れで大津が松本とのパス交換からペナルティエリア手前の左へ進入する。相手のプレッシャーがなく、シュートコースが見えると、思い切り右足を振り抜く。すると、強烈なコントロールされたシュートはゴール右上に突き刺さり、スーパーゴールで先制に成功する

前半39分

磐田

大津がボールを持ち運び、ペナルティエリア右脇から低めのクロスを供給。これに反応したのは杉本。右足で合わせるが、枠の上に外れてしまう

前半40分

磐田

伊藤が右サイドのスペースへロングボールを供給。これに反応した杉本がペナルティエリア右角付近へうまく抜け出すが、飛び出した上福元に倒されてFKを獲得する

前半41分

主審が耳に手を当てるシグナルを見せ、VARのチェックを待つ

前半43分

主審はオンフィールドレビューを実施。レフェリーレビューエリアで映像の確認を行う

前半44分

主審は上福元が杉本を倒したプレーに対して得点機会阻止であるかを確認している

前半45分

京都

上福元にレッドカード

前半45分

オンフィールドレビューの結果、主審は判定を変更。杉本を倒した上福元のプレーを得点機会阻止とみなし、上福元への警告は退場へ変更となる

前半46分

アディショナルタイムは4分の表示

前半48分

京都

23豊川OUT→1若原IN

前半49分

磐田

ペナルティエリア右角付近でFKを獲得。キッカーの遠藤が右足でふわりと浮かせたクロスを供給。しかし、ニアサイドで相手にクリアされてしまう

前半50分

京都

1人少ない状況になってもなお、強度の高いプレーを見せている

前半51分

VARのチェックがあったため、アディショナルタイムが少し長くなる見通し

前半52分

京都

ピーターウタカが力強くボールを持ち運ぶと、ペナルティエリア右から右足で鋭い低めのシュートを放つ。しかし、ここは三浦に防がれてしまう

前半53分

京都

右CKを獲得。キッカーの武田がクロスを送ると、混戦の中で荻原が左足で中に折り返す。すると、反応したのはピーターウタカ。ゴール前でフリーの状態から右足で合わせるが、惜しくも枠の上に外れてしまう

前半:前半終了。0-1と、アウェイの磐田のリードで試合を折り返す

後半:京都ボールでキックオフ、後半開始

後半0分

両チームともにハーフタイムでの交代はなし

後半2分

京都

金子と武田がボランチに入り、武富とピーターウタカ、松田が最前線に入っている

後半4分

磐田

左サイドの敵陣深くから松本が左足で鋭いクロスを供給。杉本をターゲットにしたボールだったが、相手にクリアされてしまう

後半5分

磐田

左CKを獲得。キッカーの遠藤が右足でふわりと浮かせたクロスを送る。しかし、若原に飛び出され、ボールをキャッチされてしまう

後半7分

磐田

松本がペナルティエリア左脇からふわりと浮かせたクロスを供給。これに反応したのは杉本。混戦の中で詰めるが、若原に防がれてしまう。すると、こぼれ球に反応した伊藤が右足でシュートを放つ。しかし、相手に体でブロックされてしまい、2度の決定機を生かせない

後半9分

磐田

前半と比べてより一層ボールを握る時間が増え、敵陣に攻め込む場面が目立っている

後半10分

京都

19金子OUT→24川崎IN

後半10分

京都

18松田OUT→8荒木IN

後半11分

磐田

杉本がボールを持ち運ぶと、ペナルティエリア手前の右でピーターウタカに倒されてしまい、FKを獲得する

後半11分

京都

ピーターウタカにイエローカード

後半12分

磐田

キッカーの遠藤は右足でふわりと浮かせたボールを供給。ここは若原にパンチングで処理されるが、こぼれ球を回収した大津がペナルティエリア手前の中央から右足を振り抜く。枠内へボールは飛んだものの、若原にキャッチされてしまい、得点には至らない

後半13分

京都

白井が相手からボールを奪うと、勢いのままにボールを持ち運び、ペナルティエリア右脇から低めの鋭いクロスを供給。ピーターウタカを狙ったボールだったが、先に反応した大井にクリアされてしまう

後半15分

磐田

自陣の右サイドからディフェンスラインの裏へロングボールが送られると、走り込んだのは杉本。ペナルティエリア右へ進入し、右足を振り抜くが、戻ってきたアピアタウィアにブロックされてしまう

後半16分

磐田

右CKを獲得。ショートコーナーを選択して攻め込むが、相手にうまく対処されてしまう

後半17分

磐田

GOOOOOAL!! 遠藤が自陣から右サイドのスペースへふわりと浮かせたロングボールを供給。これを受けた大津が荒木を華麗にかわし、ペナルティエリア右へ進入すると、冷静に周囲を見てラストパス。これに反応したのは鈴木。ゴール前でしっかりと詰めてネットを揺らし、追加点を獲得する

後半18分

磐田

11大津OUT→5小川IN

後半20分

磐田

サイドのスペースにロングボールを供給し、攻め込む場面が目立っている

後半22分

京都

GOOOOOAL!! 武富が自陣からスルーパスを供給すると、ピーターウタカが反応する。相手に囲まれながらボールをキープし、シュートコースを作り出すと、ペナルティエリア手前の中央から左足を振り抜く。これがゴール右に決まり、1点を返す

後半23分

磐田

GOOOOOAL!! 大森のパスに反応した伊藤がペナルティエリア右脇からダイレクトで低めのクロスを供給。ニアサイドで合わせた杉本のシュートはマークについた白井にスライディングでブロックされるが、こぼれ球に鈴木が反応。ペナルティエリア右から力強く右足を振り抜き、豪快にネットを揺らす

後半25分

京都

ピーターウタカが前線で存在感を示し、相手の脅威となっている

後半27分

京都

左CKを獲得。キッカーの荻原が左足でアウトスイングのクロスを送る。しかし、先に反応した相手にクリアされてしまう

後半29分

磐田

8大森OUT→7上原IN

後半30分

京都

豊富な運動量で積極的に攻め込んでおり、数的不利な状況を感じさせないアタックを見せている

後半31分

京都

17荻原OUT→13宮吉IN

後半31分

京都

4メンデスOUT→3麻田IN

後半33分

京都

武田が左サイドの敵陣深くへ走り込むと、左足で鋭いクロスを供給。これに反応したのはピーターウタカ。懸命に詰めるが、相手にうまく対応されてボールはファーサイドへ流れてしまう

後半34分

磐田

50遠藤OUT→10山田IN

後半34分

磐田

9杉本OUT→18ジャーメインIN

後半36分

磐田

サイドを変えながらクロスを多用し、相手ゴールへ襲いかかっている

後半37分

京都

自陣から宮吉がロングボールを供給すると、左サイドのスペースへ走り込んだのはピーターウタカ。そのままペナルティエリア左へ進入し、キックフェイントを駆使して左足でシュートを放つ。しかし、惜しくもゴール左のサイドネットに外れてしまう

後半39分

京都

数的不利のため、相手のプレスがかかりやすくなっており、ロングボールを駆使して攻撃に転換しようとしている

後半41分

京都

武富が敵陣中央からふわりと浮かせたボールをゴール前へ供給。ピーターウタカをターゲットにしたボールだったが、相手にクリアされてしまう

後半43分

京都

自陣でFKを獲得。キッカーの若原がロングボールをペナルティエリア左へ送るも、相手にクリアされてしまう

後半44分

磐田

敵陣でボールを回していた流れで上原がペナルティエリア左脇へ抜け出す。そのまま左足でふわりと浮かせたクロスを送るが、精度を欠いてゴールラインを割ってしまう

後半45分

磐田

GOOOOOAL!! ジャーメインが山田にボールを預けて前方へ走り出すと、その動きを見た山田はセンターサークル付近から絶妙なスルーパスを供給。ジャーメインはペナルティエリア右へ進入し、左足に持ち替えて振り抜く。すると、うまくコントロールされたシュートはゴール左のサイドネットに決まる

後半46分

アディショナルタイムは4分の表示

後半48分

磐田

山本康がペナルティエリア右へふわりと浮かせたパスを供給。これに走り込んだ上原が中に折り返すと、ジャーメインが右足でボレーシュートを放つ。しかし、大きく枠を外してしまう

後半:試合終了。1-4でアウェイの磐田が勝利