ご利用のブラウザ(Internet Explorer)は、2022年6月にユーザーサポートを終了いたします。 終了後、スポーツナビの一部のページは、Internet ExplorerからMicrosoft Edgeにリダイレクトされます。

Microsoft Edgeや別のブラウザをご利用いただきますようお願いいたします。

J1

J1 第7節

4/6(水)19:30 豊田スタジアム

2 0 前半 1 1
2 後半 0

試合終了

8

試合後勝点

2

前半:湘南ボールでキックオフ、試合開始

前半0分

名古屋

予想フォーメーションは4-2-3-1。前節からのスタメン変更は3人。宮原、チアゴ、相馬が外れ、中谷、吉田豊、柿谷が入る。開幕戦こそ白星を挙げたものの、その後は未勝利の名古屋。開幕戦で2ゴールを奪ったものの、そこから4試合で3得点と、攻撃陣に活気がない

前半0分

名古屋

その中で白羽の矢が立ったのが、柿谷。今季初スタメンとなった「天才」が、チームの起爆剤となれるか

前半0分

湘南

予想フォーメーションは3-1-4-2。前節からのスタメン変更は3人。山本、米本、鈴木章が外れ、大野、山田、瀬川が入る。今季未勝利で暫定最下位に沈む。厳しい戦いが続くが、今日の相手である名古屋も目下4戦未勝利の14位と苦しんでいるため、勝機はあるはず。浮上のキッカケをつかむゲームにしたい

前半0分

名古屋の直近5試合は1勝2分け2敗。湘南の直近5試合は0勝2分け3敗。両者の過去対戦成績は19勝5分け12敗と名古屋の勝ち越し

前半1分

湘南

大橋が前線からプレスに行くことをスイッチとして、ハイプレスを掛ける

前半1分

湘南

ハイプレスから相手の選択肢を制限し、中盤でボールを奪う

前半2分

湘南

ボール保持時にはサイドチェンジを意識したボール運びを行う

前半3分

名古屋

こちらも相手が敵陣内でボールを保持した際には、人数を掛けてプレスを掛けに行く

前半4分

湘南

左サイドの敵陣中央でFKを獲得。キッカーは茨田。右足でペナルティエリア中央へロングボールを供給するが、味方のシュートにはつながらない

前半5分

名古屋

マテウスが大岩と球際で激しく競り合っている

前半6分

湘南

大橋がマテウスから高い位置でボールを奪うが、味方のカウンターにはつながらない

前半7分

名古屋

何度か相手の3バックの脇のスペースを狙ったスルーパスを供給している。このスペースに味方を走らせる形でチャンスを作ろうとしている

前半8分

湘南

GOOOOOAL!! 左CKを獲得。キッカーは茨田。右足でペナルティエリア中央へクロスを供給すると、中谷に競り勝った大橋がヘディングシュートを放つ。ボールは枠の左隅に飛んでネットを揺らし、先制に成功する

前半10分

湘南

少ないタッチ数でのボール回しと、ハイプレスによる即時奪回によって、ペースを握っている。全体の陣形をコンパクトに保つことに成功していることで、終始相手陣内でプレーしている

前半11分

名古屋

左サイドの敵陣中央でFKを獲得。キッカーはマテウス。左足で鋭いボールをペナルティエリア中央に供給するが、ボールはDFにクリアされてしまう

前半12分

名古屋

味方が左サイドの敵陣中央からペナルティエリア右に供給したロングボールを、マテウスが折り返す。しかし、ペナルティエリア中央で待つ酒井の手前で、DFにクリアされてしまう

前半14分

名古屋

攻撃時には、右サイドの大外のレーンは森下が担当し、右のウイングのマテウスは右のハーフスペースにスライドする形が多く見られている

前半16分

湘南

タリクが味方からのパスに抜け出す。右サイドの敵陣深くからグラウンダーのクロスを供給すると、走り込んだ瀬川がシュートを放つ。しかし、ボールは中途半端な当たり方となってしまい、ランゲラックにセーブされてしまう

前半17分

名古屋

ボール非保持時には、柿谷と酒井が2トップのような形となり、前線に並んでいる

前半18分

湘南

この時間はサイドへのロングボールを蹴り、セカンドボールを回収しようとする形を見せている

前半20分

名古屋

仙頭にイエローカード

前半20分

名古屋

判定に対し、感情をあらわにしたプレーが警告の対象となる

前半21分

名古屋

ランゲラックのロングボールを起点に、マテウスがボールを持つ。ペナルティエリア手前の右からペナルティエリア左にパスを送ると、仙頭がボールを受ける。仙頭の折り返しに反応したマテウスがダイレクトでシュートを放つと、ボールはネットを揺らす

前半23分

主審が耳に手を当てるシグナルを見せ、VARのチェックを待つ

前半24分

VARの判定に時間がかかっている

前半25分

VARオンリーレビューの結果、主審は判定を変更。ゴールは認められず、湘南のFKで試合が再開される

前半26分

名古屋

味方のロングボールに酒井が反応してディフェンスラインの裏へ抜け出すが、このプレーに対して酒井のハンドを取られる

前半27分

名古屋

よりマンツーマン気味にハイプレスを掛けるようになったことで、ボール保持を行えるようになっている

前半28分

湘南

ボールを保持する時間が減少しているが、素早く5-4-1のブロックを築くことで相手の攻撃に対応している

前半28分

名古屋

柿谷がペナルティエリア中央で足を痛めて倒れている

前半29分

名古屋

茨田の足と柿谷の足が交錯したプレーで痛めたようだ

前半31分

名古屋

柿谷は立ち上がり、プレーを再開している

前半32分

名古屋

左CKを獲得。キッカーは仙頭。右足でペナルティエリア中央へクロスを上げるが、味方のシュートにはつながらない

前半33分

湘南

相手がマイナスのパスを選択した際にラインを押し上げるスピードが、とても速い。中盤で相手にスペースを与えていない

前半34分

湘南

ペナルティエリア手前の中央で瀬川が中谷に倒されて、FKを獲得する

前半35分

湘南

ボールのそばでは茨田と瀬川が何かを話している

前半35分

湘南

相手の壁の前に2選手を並べ、ブラインドを作っている

前半36分

湘南

瀬川が右足でシュートを放つが、枠の上に大きく外れてしまう

前半37分

湘南

前線から激しいプレスを掛けたタリク、大橋、瀬川の3人でボールを奪い切り、ショートカウンターを発動する。しかし、シュートには至らない

前半40分

名古屋

酒井が下がってポストプレーを行い、ワンタッチでディフェンスラインの裏へスルーパスを送る。柿谷が2列目から飛び出してボールを追うが、DFにカットされてしまう

前半41分

名古屋

酒井が最前線にとどまることなく、ポストプレーによってチャンスを作るためにほん走している

前半42分

湘南

相手の両ウイングバックの裏のスペースを狙う形が減少している。リードしたことで、ウイングバックが高い位置を取る時間が減っている

前半43分

湘南

タリクがペナルティエリア手前の中央からフリーで右足を振り抜く。しかし、藤井の体を投げ出すシュートブロックに防がれてしまい、ゴールにはつながらない

前半44分

湘南

右CKを獲得。キッカーは茨田。右足でニアサイドへのクロスを上げると、瀬川が頭で合わせる。しかし、酒井の顔面ブロックによってゴールには至らない

前半46分

アディショナルタイムは4分の表示

前半47分

名古屋

左CKを獲得。キッカーはマテウス。左足でファーサイドへのクロスを上げるが、ボールは味方に合わない

前半47分

名古屋

山田のハンドによって、ペナルティエリア手前の右でFKを獲得する

前半48分

名古屋

ボールのそばにはマテウス。観客は大きな期待を込め、ハンドクラップで雰囲気を作り出す

前半49分

名古屋

マテウスは左足を振り抜くと、枠の右隅へボールが向かう。壁を越えた後に急激に落ちるほとんど完璧なシュートだったが、ボールはわずかに枠の右に外れてしまう。ゴールを半ば確信していたマテウスは、大きく天を仰ぐ

前半:前半終了。0-1と、アウェイの湘南のリードで試合を折り返す

後半:名古屋ボールでキックオフ、後半開始

後半0分

両チームともに、ハーフタイムでの選手交代はなし

後半1分

湘南

瀬川が左サイドで起点となってチャンスを作るが、ペナルティエリア左で山田がレオシルバのプレスを受け、ボールを失う

後半2分

湘南

後半から大橋が1トップのような形に変わっている

後半4分

名古屋

GOOOOOAL!! 稲垣のロングボールを受けた森下が、右サイドの敵陣深くからクロスを上げる。味方には合わないが、守備に入った大岩にボールがディフレクション。さらに、そのボールがファーサイドに走り込んだ福島に当たると、そのままゴールに転がり込み、幸運な形で同点に追い付く

後半6分

湘南

レオシルバのハンドにより、ペナルティエリア手前の右でFKを獲得する。

後半7分

湘南

ボールのそばには茨田。右足でシュートを放つが、ボールは壁のレオシルバに当たってしまい、ゴールにはつながらない

後半9分

名古屋

仙頭が左サイドの敵陣中央からペナルティエリア右へロングボールを送ると、マテウスが頭で折り返す。ペナルティエリア中央へ走り込んだ稲垣が右足でダイレクトボレーを放つが、ボールは枠の右に外れてしまう

後半10分

名古屋

左CKを獲得。キッカーはマテウス。左足でニアサイドへクロスを送ると、味方が競り合う。セカンドボールに反応した仙頭がペナルティエリア手前の中央から右足でダイレクトシュートを放つが、ボールは大きく枠の上へ外れてしまう

後半11分

名古屋

マテウスが右サイドの敵陣中央から左足でシュート性のクロスを上げる。左のサイドネットを狙ったボールだったが、谷に処理されてしまう

後半13分

名古屋

この時間帯、多くのCKを獲得している

後半14分

湘南

ゴール前で中谷と交錯した福島が足を痛め、倒れている

後半15分

湘南

湘南は一時的に10人でのプレーを余儀なくされる

後半16分

名古屋

オーバーラップした中谷が、マテウスとの連係からペナルティエリア右でボールを受けると、右足でシュートを放つ。しかし、ボールは左のゴールポストにはじかれ、ゴールにはつながらない

後半17分

湘南

ピッチを出た福島は、プレー続行が不可能だと判断されたようだ

後半17分

湘南

24福島OUT→20蓑田IN

後半18分

湘南

ボール保持時には選手間の距離を大きく取り、ピッチ全体を使ったビルドアップを行っている

後半19分

湘南

稲垣のボールコントロールミスを見逃さなかった大橋が高い位置でボールを奪うと、ショートカウンターを発動する。しかし、パス交換がずれてしまい、ボールを失う

後半20分

名古屋

最終ラインでボールを失うことで、ピンチを迎えかける場合が散見される

後半22分

名古屋

8柿谷OUT→11相馬IN

後半22分

名古屋

途中出場の相馬はこの試合でJ1通算100試合出場を達成

後半23分

名古屋

途中出場した相馬は、まず自陣での守備によって拍手を浴びている。高い守備意識によって、低い位置まで下りての守備を行う

後半25分

湘南

右CKを獲得。キッカーは茨田。右足でペナルティエリア中央へクロスを上げると、瀬川が走り込む。しかし、ボールはゴールにつながらない

後半25分

湘南

この時間、3センターバックの左右の選手が高い位置を取る形が見られるようになっている。前半にはほとんどなかった形だ

後半26分

湘南

11タリクOUT→29鈴木章IN

後半26分

湘南

5古林OUT→16山本IN

後半26分

名古屋

相馬がまたしても自陣のペナルティエリアまで戻ってクリアを行う。高い守備意識だ

後半28分

名古屋

右サイドの敵陣深くから酒井がグラウンダーのクロスを上げる。ニアサイドの仙頭がスルーすると、ペナルティエリア中央に走り込んだ稲垣が合わせる。しかし、谷に処理されてしまう

後半29分

名古屋

酒井が両サイドに流れ、ポストプレーを行う形が連続する

後半30分

湘南

ボール非保持時、ベンチから「パッと出る」の声が飛ぶ。いかにプレスによって相手の時間と選択肢を限定するか、を意識している

後半32分

名古屋

マテウスにイエローカード

後半32分

名古屋

大橋を後ろからのスライディングタックルで倒す。このプレーが警告の対象となる

後半33分

名古屋

仙頭がペナルティエリア手前の中央でボールを持つ。華麗なターンを見せると、左サイドをオーバーラップする吉田豊に浮き球のボールを供給する。反応した吉田豊がシュートを放つが、谷にキャッチされてしまう

後半35分

湘南

大野の縦パスを大橋がペナルティエリア手前の中央で受け、チャンスを作る。味方がつないで、最後はセカンドボールに詰めた大橋が左足でシュートを放つ。ボールはネットを揺らすが、最初の縦パスがオフサイドの判定を受け、ノーゴールとなる

後半35分

主審が耳に手を当てるシグナルを見せ、VARのチェックを待つ

後半36分

VARのチェックが終わり、プレーが再開される

後半37分

名古屋

10マテウスOUT→33甲田IN

後半37分

名古屋

14仙頭OUT→7阿部IN

後半39分

名古屋

相馬が左サイドの敵陣深くからクロスを上げる。GKに出られて対応されるが、ボールを処理し切れない。すると、セカンドボールに反応した稲垣がペナルティエリア手前の中央から右足でシュートを放つ。ボールは枠をとらえるが、シュートコースに甲田が重なり、コースが変わってしまう

後半41分

名古屋

森下にイエローカード

後半41分

名古屋

相手選手のドリブルを後ろから止めたプレーが警告の対象となる

後半41分

名古屋

17森下OUT→6宮原IN

後半44分

名古屋

右サイドの敵陣中央から阿部がペナルティエリア中央へ浮き球のパスを供給する。相馬が飛び込むと、石原に後ろから倒され、PKを獲得する

後半44分

湘南

石原にレッドカード

後半45分

湘南

10山田OUT→9ウェリントンIN

後半46分

名古屋

ボールのそばには阿部

後半46分

名古屋

GOOOOOAL!! 阿部がPKのキッカーとなると、右足で落ち着いて枠の左へシュートを蹴り込み、逆転に成功する

後半46分

アディショナルタイムは5分の表示

後半48分

湘南

ウェリントンが右サイドから良いクロスを上げるが、ペナルティエリア中央に走り込む味方がいない。数的不利が如実に表れている

後半49分

名古屋

自陣に引きこもることなく、敵陣内で悠々とボールを回して時計の針を進める

後半50分

湘南

前線にボールを供給できないため、「最後のワンチャンス」を作れていない

後半:試合終了。2-1でホームの名古屋が勝利

4月6日(水)の速報・結果

J1