ご利用のブラウザ(Internet Explorer)は、2022年6月にユーザーサポートを終了いたします。 終了後、スポーツナビの一部のページは、Internet ExplorerからMicrosoft Edgeにリダイレクトされます。

Microsoft Edgeや別のブラウザをご利用いただきますようお願いいたします。

J1

J1 第10節

4/28(木)19:00 ヤマハスタジアム(磐田)

2 0 前半 1 1
2 後半 0

試合終了

11

試合後勝点

10

前半:名古屋ボールでキックオフ、試合開始

前半0分

磐田

予想フォーメーションは3-4-2-1。前節からのスタメン変更は2人。三浦、大井が外れ、Aコシェレフ、山本義が入る

前半0分

磐田

前節の広島戦では相手にリードを許す中、後半44分に辛うじて追い付き、勝点1を手に入れた。ここまでわずか1勝のみと、昨季J2の舞台で見せた勝負強さは鳴りを潜めたままだ。サポーターを安心させるためにも、いち早くホーム初勝利が欲しい

前半0分

名古屋

予想フォーメーションは3-1-4-2。FC東京戦からのスタメン変更は2人。吉田豊、仙頭が外れ、森下、阿部が入る

前半0分

名古屋

直近3試合でクリーンシートを記録し、堅守は維持しているものの、依然得点力に課題を抱えている。攻めの軸となりうる酒井が不在の中、得点力向上のカギを握る選手の台頭に期待したい

前半0分

磐田の直近5試合は0勝3分け2敗。名古屋の直近5試合は1勝2分け2敗。両者の過去対戦成績は24勝9分け22敗と名古屋の勝ち越し

前半2分

名古屋

森下がパスをカットすると、こぼれ球に稲垣が反応し、前線へ浮き球を送る。ペナルティエリア中央で柿谷がダイレクトで左にそらすと、最後は阿部がペナルティエリア手前の中央から左足でシュートを放つ。しかし、枠には飛ばない

前半5分

名古屋

積極的にシュートを放つシーンが多く見られる

前半7分

磐田

ここまで名古屋のマンマーク気味の守備に苦戦し、効果的な攻撃ができていない

前半9分

磐田

Aコシェレフのロングキックからチャンスを創出。杉本が藤井に競り勝ってボールをつなげると、松本が受ける。松本は細かいタッチで反転し、DFを振り切ると、ペナルティエリア右からシュートを放つ。倒れ込みながら放ったシュートは惜しくも枠の左下にそれてしまう

前半10分

磐田

右CKを獲得

前半10分

磐田

キッカーの遠藤が右足でクロスを上げると、Rグラッサが頭で合わせる。ボールはゴール左に決まり、ネットを揺らすも、オフサイドポジションにいた大森がプレーに関与したとしてゴールにはならない

前半15分

名古屋

ハーフウェーライン付近の味方からのスルーパスを受けたマテウスが中央へボールを送る。走り込んだ稲垣がペナルティエリア内から右足でシュートを放つも、枠の左にそれてしまう

前半18分

名古屋

最終ラインから前線へ向けてロングボールを蹴り込むも、精度が伴わない

前半19分

名古屋

森下が相手をかわして縦に突破すると、右サイドの敵陣深くから右足でクロスを供給する。しかし、ゴール前の味方に届く前に、DFにブロックされてしまう

前半20分

磐田

相手を押し込んで攻め込み、シュートの機会を探っている

前半21分

磐田

遠藤が深い位置へ走り込み、味方からのパスを受けると、ペナルティエリア左から左足でクロスを送る。決定的なクロスであったが、ゴール前に味方はおらず、得点には至らない

前半24分

名古屋

最終ラインでボールを握るも、相手陣内では磐田にプレスを掛けられて前を向いてボールを受けることができない

前半26分

名古屋

稲垣が右サイドでボールを握ると、しなやかなタッチでDF2人を抜き去る。しかし、右サイドの敵陣深くからの低い弾道のクロスは相手にクリアされてしまう

前半27分

磐田

自分たちのゴールキックからのセカンドボールを回収できず。ボールを奪っても、カウンターの精度を欠き、相手にボールを握られる時間が続いている

前半32分

名古屋

オープンな展開の中、広くスペースの空いた状態でマテウスがボールを握る。左サイドから攻撃を仕掛けるも、DFに防がれてしまう

前半34分

名古屋

マテウスの絶妙なスルーパスに反応した森下が相手をかわすと、右サイドの敵陣深くから力強いクロスを送る。しかし、弾道が少し高くなり、味方はゴールへ押し込むことができない

前半36分

名古屋

相馬がカットインをしてペナルティエリア手前の左から思い切って右足を振り抜く。しかし、ゴールの右上にそれてしまう

前半39分

球際では両者譲らず、激しいプレーでボールを奪い合っている

前半40分

磐田

ボールを回して相手を押し込むと、最後は山本義が右サイドの敵陣中央から浮き球を送る。しかし、Aコシェレフに処理されてしまう

前半43分

名古屋

GOOOOOAL!! レオシルバが前線へ完璧なスルーパスを供給する。うまく反応して森下が抜け出すと、迫るAコシェレフに処理される前にボールに追い付き、中央へ折り返す。すると、マテウスが無人のゴールに冷静に押し込んで待望の先制点を挙げる

前半46分

アディショナルタイムは1分の表示

前半:前半終了。0-1と、アウェイの名古屋のリードで試合を折り返す

後半:磐田ボールでキックオフ、後半開始

後半0分

磐田

2山本義OUT→29FゴンザレスIN

後半2分

磐田

松本が相馬と交錯し、右足を押さえて倒れ込むも、すぐに立ち上がってプレーに復帰する

後半4分

磐田

ダイレクトを織り交ぜた綺麗なパスワークで相手のプレスをかわすと、最後は鈴木がペナルティエリア手前の右から右足で浮き球を供給する。しかし、DFのクリアに遭う

後半6分

磐田

上原が遠い位置からシュートを放ち、積極的な姿勢を示す

後半7分

磐田

敵陣中央からのFKを獲得

後半8分

磐田

キッカーの遠藤が浮き球を送ると、Fゴンザレスが頭で合わせる。ボールは枠をとらえるも、ランゲラックのスーパーセーブに遭う

後半12分

磐田

ボールを動かして相手の隙を探るも、シュートまで至らない

後半14分

磐田

上原が敵陣中央から前線へ縦パスを出すも、味方にはつながらない

後半16分

名古屋

7阿部OUT→14仙頭IN

後半16分

名古屋

後半はここまで防戦一方になってしまっている。選手交代で流れを変えたい

後半18分

磐田

杉本のポストプレーを起点に鈴木が前を向いて前進する。しかし、タッチが乱れた隙をDFに突かれてしまい、シュートまで持ち込めない

後半20分

磐田

杉本にイエローカード

後半20分

名古屋

左サイドの敵陣中央からのFKを獲得。ボールをセットするのはマテウス。ボールのそばには相馬も立つ

後半21分

名古屋

キッカーのマテウスは左足で素早い浮き球をゴール前に供給する。しかし、味方は合わせることができず、そのままゴールラインを割ってしまう

後半24分

磐田

味方からの縦パスを受けたFゴンザレスがペナルティエリア左で相手を背負ってボールをキープする。サイドを駆け上がる味方へヒールでパスを送ろうとするも、DFにカットされてしまう

後半26分

磐田

9杉本OUT→11大津IN

後半28分

磐田

大津が右サイドの敵陣深くから右足で精度の高いクロスを供給する。ゴール前には味方が2人飛び込むも、ボールを枠に飛ばせない

後半31分

磐田

すぐにボールを奪い返すと、こぼれ球に反応した鈴木がペナルティエリア手前の中央から右足を振り抜く。しかし、体を投げ出したDFにブロックされてしまう

後半32分

磐田

8大森OUT→18ジャーメインIN

後半33分

名古屋

16レオシルバOUT→23吉田豊IN

後半33分

名古屋

8柿谷OUT→44金崎IN

後半36分

磐田

左CKを獲得

後半36分

磐田

キッカーはショートコーナーを選択。最後は左サイドの敵陣深くからクロスを送るも、果敢に飛び出したランゲラックのパンチングに遭う

後半38分

磐田

再び左CKを獲得

後半39分

磐田

GOOOOOAL!! キッカーの遠藤がインスイングのクロスを送ると、大津が頭で合わせ、同点に追い付く

後半40分

磐田

GOOOOOAL!! 左からの浮き球を鈴木が頭で落とすと、大津が反応する。受けた大津はキックフェイントでDFをかわしてシュートコースを作ると、思い切り右足を振り抜く。これがゴール右上に突き刺さり、あっという間に逆転に成功する

後半41分

名古屋

11相馬OUT→2チアゴIN

後半41分

名古屋

17森下OUT→34内田宅IN

後半43分

名古屋

チアゴを最前線に置き、パワープレーを選択

後半44分

名古屋

左CKを獲得

後半44分

名古屋

キッカーのマテウスが左足でクロスを送る。しかし、精度が伴わず、ニアサイドでDFにクリアされてしまう

後半46分

アディショナルタイムは4分の表示

後半46分

磐田

14松本OUT→3大井IN

後半46分

磐田

大井を投入し、ゲームを締めにかかる

後半49分

磐田

サイドでボールをキープし、時間を使うプレーを選択している

後半:試合終了。2-1でホームの磐田が勝利