ご利用のブラウザ(Internet Explorer)は、2022年6月にユーザーサポートを終了いたします。 終了後、スポーツナビの一部のページは、Internet ExplorerからMicrosoft Edgeにリダイレクトされます。

Microsoft Edgeや別のブラウザをご利用いただきますようお願いいたします。

J1

J1 第14節

5/22(日)15:00 ヤマハスタジアム(磐田)

1 1 前半 1 2
0 後半 1

試合終了

14

試合後勝点

20

前半:札幌ボールでキックオフ、試合開始

前半0分

磐田

予想フォーメーションは3-4-2-1。前節からのスタメン変更は1人。ここまで全試合にフル出場し、チーム内得点王である鈴木がメンバー外となり、袴田が加入後初先発を果たす。袴田は左ウイングバックに入り、鈴木が務めていた右には松本が入る見込み。ベンチには久しぶりに古川が入る

前半0分

磐田

前節はメンバーを大幅に変更して3試合ぶりの勝点3を獲得。中でも鹿沼はJ1初先発ながら丁寧なシュートで決勝点を決めるなど、大きな働きを見せた。J3からキャリアを始め、ついにつかんだJ1の舞台。今日も豊富な運動量を生かした献身的な守備と、今季の公式戦ゴールが2点とも劇的という、勝負強さを発揮したい

前半0分

磐田

上原はこの試合でJ1通算100試合出場を達成

前半0分

札幌

予想フォーメーションは3-4-2-1。前節からのスタメン変更は5人。菅野、宮澤、福森、高嶺、Gシャビエルが外れ、大谷、岡村、中村、青木、荒野が入る。前節首位の鹿島相手に4失点を喫した札幌。今節は累積警告の宮澤を含めて最終ラインを3人中2人変更する見込みだ。GKはC大阪戦以来となる大谷が務める

前半0分

札幌

鹿島戦と鳥栖戦では大量失点を喫したものの、その試合を除けば11試合で6失点。勝利を挙げた試合はいずれも無失点と、守りの出来が重要といえる。磐田は下位に位置しているとはいえ、得点数だけを見れば上位。出場機会に飢えているメンバーたちは堅固な守備を築き、近年相性の良いヤマハで勝利を挙げられるか

前半0分

磐田の直近5試合は2勝1分け2敗。札幌の直近5試合は2勝2分け1敗。両者の過去対戦成績は12勝5分け10敗と磐田の勝ち越し

前半0分

磐田は上原、札幌は荒野がキャプテンマークを巻く

前半0分

主審は今季のJ1で7試合目、J1通算86試合目の担当となる上田益也が務める

前半2分

札幌

青木が仕掛けて相手をかわし、ペナルティエリア左からグラウンダーのクロスを入れる。ゴール前に入り込んだ荒野が押し込もうとするも、伊藤に防がれ、惜しくも得点は奪えない

前半3分

磐田

Rグラッサが自陣の左サイドから縦に浮き球を送る。Fゴンザレスが走り込むも、岡村に先に触れられてしまう。そのままFゴンザレスは岡村と接触し、Fゴンザレスはファウルの判定

前半6分

磐田

自陣のペナルティエリアを中心としながらパスを回す。相手の激しいプレッシャーを受けるも、三浦がうまくかいくぐり、味方にボールを届ける

前半7分

磐田

三浦がゴールキックを蹴る。前線で相手と競り合いながらFゴンザレスが頭に当てると、左サイドで受けたのは袴田。袴田は縦に仕掛けて左足でクロスを上げると、マークに付いたDFにブロックされて左CKを獲得する

前半8分

磐田

GOOOOOAL!! 左CKのキッカーは遠藤。右足で精度の高いクロスを蹴り込むと、ボールはぽっかりと空いたゴール正面へ。もつれながらDFに当たってこぼれたボールにいち早く反応した山本義が、体勢を崩しながら右足で押し込み、さい先よく先制点を奪う

前半8分

磐田

今季のリーグ戦、先制に成功した試合は5試合。2勝3分け0敗で勝率は40.0%

前半10分

磐田

右サイドからのCKのキッカーは遠藤。アウトスイングのクロスを蹴り込むも、深井に頭でクリアされてしまう

前半12分

札幌

低い位置で大谷も交えながらボールを回す。相手はそこまで前線からプレッシャーを掛けてこないため、ゆっくりとパスを回している

前半14分

札幌

ペナルティエリア近くでボールを回し続ける。突破してクロスや、ワンツーからの仕掛けを狙うも、守備を崩し切れず、好機を作れずにボールを失ってしまう

前半16分

磐田

右サイドの敵陣中央でFKを得る。キッカーは遠藤。右足でファーに浮き球を入れると、相手に当たってゴールラインを割り、左CKを獲得

前半16分

磐田

キッカーはもちろん遠藤。またもインスイングの正確なクロスを入れると、この流れからペナルティエリア中央で袴田がボールを持つ。DFをかわしてシュートに持ち込もうとするも、DFの伸ばした足に触れられてしまい、惜しくも決定機は作れない

前半18分

札幌

前線にラフな浮き球が送られる。金子が追い付いてペナルティエリア内に進入するも、カバーに来たRグラッサに奪われ、シュートシーンは作れない

前半20分

札幌

右サイドの敵陣深くにLフェルナンデスがいることでマークが緩くなった隙を突き、ペナルティエリア右角付近から駒井がクロスを入れる。味方が勢いを持ってゴール前に飛び込むも、三浦にパンチングでクリアされてしまう

前半22分

札幌

先制されたものの、冷静なボール回しで次第にペースをつかんでいる。守備面でもほとんど高い位置に運ばせておらず、良い流れでサッカーを続けている

前半24分

磐田

空中戦で中村と競り合った杉本。体を痛めてしばらくピッチに座り込む

前半25分

磐田

杉本は立ち上がり、プレーが再開される

前半26分

札幌

金子がペナルティエリア右から鋭いクロスを入れる。これがゴール前でDFにクリアされるも、ボールはゴール方向へ向かう。しかし、三浦にキャッチされてしまう

前半27分

磐田

三浦が自陣のペナルティエリア内から蹴ったロングボールが一気に敵陣のペナルティエリア内へ向かう。しかし、ゴールラインを割る直前でDFと競り合った杉本のファウルの判定

前半28分

札幌

GOOOOOAL!! ペナルティエリア右角付近でボールを持ったLフェルナンデス。対面の杉本の守備が緩いと見るや、フリーでクロスを入れる。すると、マークに付いた山本義の前に入って深井が右足でシュートを放つ。これがネットを揺らし、同点に追い付く

前半31分

札幌

敵陣中央から金子が左足で浮き球を送る。攻め上がってきた中村がペナルティエリア左でタメを作り、マイナス方向にパスを出す。走り込んだ菅が左足を振り抜くも、惜しくも枠をとらえられず、逆転弾は決められない

前半33分

札幌

良い流れの時間帯に同点に追い付き、さらに攻勢に出る。ギャップを突いたボール回しに相手の対応は後手を踏んでいるだけに、さらにもう1点を狙いたい

前半34分

磐田

右サイドの敵陣中央からクロスが入る。杉本が落とすと、相手にクリアされたボールがFゴンザレスの下へ。Fゴンザレスはゴール正面からシュートを放つも、目前の相手が気になったのか枠の上に外してしまい、勝ち越しの絶好機を逃してしまう

前半37分

札幌

菅がディフェンスラインの裏にスルーパスを送ると、完全に抜け出したのは金子。三浦が前に出ているという状況もあり、やや左に流れながらペナルティエリア内に入った場所から無人のゴールを狙ってシュートを放つ。しかし、枠の右に外してしまい、金子は悔しそうにピッチに倒れ込む

前半40分

札幌

自分たちから見て右サイドから袴田が出したボールをハーフウェーライン付近でカットし、ボールはペナルティエリア手前の中央の駒井につながる。駒井はそのまま仕掛けるも、伊藤のチェックに遭う

前半42分

磐田

右サイドからのCKを得ると、キッカーを務めるのは遠藤。右足でやや低いクロスを蹴り込むも、DFにはね返されてしまう

前半43分

磐田

またも右CKの場面で、キッカーの遠藤が蹴ったクロスはゴール前に向かう。しかし、DFにクリアされてしまう

前半44分

磐田

自陣でのビルドアップの場面。最終ラインのRグラッサが左サイドの袴田にボールをつけるも、袴田の次の選択肢はことどとく札幌の守備に阻まれており、苦しい状況となっている

前半46分

アディショナルタイムは1分の表示

前半46分

札幌

荒野が空中戦で鹿沼と競り合った際に頭部同士が激突し、ピッチに倒れ込む。しかし、時間を置いてから立ち上がる

前半:前半終了。1-1と、同点で試合を折り返す

後半:磐田ボールでキックオフ、後半開始

後半0分

両チームともにハーフタイムでの交代は行われない

後半1分

磐田

味方との巧みな連係で抜け出した松本が右サイドの敵陣深くからゴール前ではなく、ペナルティエリア手前に横パスを送る。受けた杉本はトラップしてペナルティエリア内に進入し、右足でシュートを放つ。しかし、右のポストに当たってゴールは決められず、今季初得点は挙げられない

後半4分

札幌

左サイドの敵陣中央でFKを得る。キッカーはLフェルナンデス。右足でクロスを入れると、競り合いの中で岡村がうまく頭で合わせる。しかし、枠の右に外れてしまう

後半5分

磐田

右サイドの敵陣中央でボールを持った松本。近くに来たFゴンザレスにつなぐと、Fゴンザレスはうまくリターンパスを送る。松本はペナルティエリア右に進入するも、大谷に処理されてしまう

後半6分

磐田

右サイドの敵陣中央でFKを得ると、キッカーの遠藤は滞空時間の長いクロスを入れる。しかし、これはそのままDFにクリアされてしまう

後半8分

札幌

中村と競り合った山本義のファウルの判定が下り、左サイドの敵陣深くでFKを得る。キッカーのLフェルナンデスが入れたクロスから好機を作るも、三浦を中心とした守備に阻まれてしまう

後半10分

札幌

GOOOOOAL!! 中村がハーフウェーライン付近からボールを持ち運び、ペナルティエリア手前から左につなぐ。受けた青木はフェイントを入れてから縦に一気に持ち出してDFを置き去りにし、ペナルティエリア左からクロスを供給。駒井が頭で合わせて押し込み、ついに逆転に成功する

後半12分

札幌

2田中駿OUT→20西IN

後半14分

磐田

26袴田OUT→27吉長IN

後半14分

磐田

29FゴンザレスOUT→11大津IN

後半15分

主審が耳に手を当てるシグナルを見せ、VARのチェックを待つ

後半15分

VARのチェックが終わり、プレーが再開される

後半18分

札幌

相手のビルドアップの場面だが、前線から激しいプレッシャーを掛けてボールを奪う。中村は駒井とパス交換をし、ペナルティエリア手前からシュートを放つ。DFにブロックされて右CKを得るも、得点は奪えない

後半18分

札幌

左サイドからのCKの場面。キッカーのLフェルナンデスがやや強さを持ったクロスを蹴り込むも、三浦にしっかりとキャッチされてしまう

後半20分

磐田

28鹿沼OUT→8大森IN

後半22分

札幌

相手の最終ラインに対しての激しいチェックが功を奏し、一方的な時間が続く。今季最多となる3点目を決め、さらに勝利に近づきたい

後半23分

磐田

苦しい展開は変わらない。吉長や大津、大森といった代わって入った攻撃的な選手たちが流れを一変させられるか

後半25分

磐田

自陣からロングボールを送る。大津が岡村ともつれながら抜け出すと、主審の笛が鳴って大津のファウルといった判定に。大津はやや不満そうな表情を浮かべて主審と話し、プレーが続けられる

後半26分

札幌

相手のビルドアップの場面だが、激しいチェックを仕掛けてまたも敵陣でボールを奪い、最後は青木が敵陣中央からミドルシュートを放つ。しかし、枠を大きく外れてしまう

後半28分

磐田

吉長が積極的なドリブルでタッチライン際を駆け上がり、前線に浮き球を出す。大津が反応するも、ボールは長く、そのまま大谷に渡ってしまう

後半29分

札幌

24中村OUT→33DオリヴェイラIN

後半30分

札幌

Dオリヴェイラにイエローカード

後半30分

磐田

ロングボールを前線に送り、大津が右に左にディフェンスラインの裏に走り込んでいるものの、良い形にはほとんどつながらずに苦しい状況が続く

後半32分

札幌

高い位置でボールを奪い、速攻を仕掛ける。Dオリヴェイラが左にパスを出し、受けた駒井は左サイドの敵陣深くでドリブルを仕掛ける。しかし、吉長の守備に遭い、ボールを奪われてしまう

後半32分

磐田

大津にイエローカード

後半35分

札幌がボールを保持する時間が長いものの、この時間帯は決定機を作れず。対する磐田は長いボールでの局面打開を図るも、前線につながらずに相手に渡ってしまう場面が続いている

後半38分

磐田

右サイドでボールを受けた吉長。すかさず右サイドの敵陣中央から左足でクロスを入れる。しかし、DFに防がれてしまう

後半39分

磐田

敵陣中央でFKを得る。キッカーの遠藤が浮き球を蹴り込むも、相手に防がれてしまう

後半40分

札幌

味方と衝突してピッチに強く体を打ち付けた大谷。スタッフが入るも、あまり時間を置かずに立ち上がって自らの足でピッチを離れる

後半41分

札幌

22大谷OUT→34中野IN

後半42分

札幌

緊急出場となった中野。だが、相手のCKからのクロスを防ぎ、もう一度蹴り込まれたボールもしっかりとキャッチ。冷静な対応を見せる

後半43分

磐田

50遠藤OUT→23山本康IN

後半43分

磐田

9杉本OUT→31古川IN

後半45分

札幌

Dオリヴェイラが左サイドの敵陣中央で技術の高さを生かしてボールをキープ。激しいチェックが来ると見るや、すかさず駒井へ縦パスを送るなど、うまく時間を使っている

後半46分

アディショナルタイムは6分の表示

後半46分

磐田

出場したばかりの古川が左サイドの高い位置から得意のドリブルを開始。だが、最後はタッチが長くなって相手にボールが渡ってしまう

後半48分

札幌

この時間になっても前線からのチェックの手は緩めない。相手GKを含めて自由にボールを蹴らせないように、徹底的にプレスを仕掛けている

後半49分

札幌

三浦が前に出ていたこともあり、敵陣浅い位置からLフェルナンデスはがら空きのゴールを狙ってロングシュートを放つ。しかし、惜しくも枠の左に外れ、試合を決定づける3点目は生まれない

後半:試合終了。1-2でアウェイの札幌が勝利