J2 第14節

キックオフ:
5/19(日)16:00
試合会場:
フクダ電子アリーナ
5 4 前半 0 1
1 後半 1
試合終了
17 試合後勝点 12

試合経過

得点:船山 貴之 前半10分1 - 0  
得点:新井 一耀 前半12分2 - 0  
得点:船山 貴之 前半22分3 - 0  
  前半28分 警告:会津 雄生
得点:クレーベ 前半36分4 - 0  
警告:クレーベ 前半39分  
  前半40分 会津 雄生>藤谷 匠
  後半17分 市丸 瑞希>中島 賢星
得点:クレーベ 後半18分5 - 0  
堀米 勇輝>アラン ピニェイロ 後半21分  
熊谷 アンドリュー>工藤 浩平 後半30分  
  後半32分 三島 頌平>ライアン デ フリース
警告:佐藤 優也 後半37分  
乾 貴哉>佐藤 寿人 後半39分  
  後半45分5 - 1 得点:ライアン デ フリース

チームスタッツ

55% ボール支配率 45%
23 シュート 10
9 枠内シュート 3
546(79%) パス(成功率) 434(71%)
3 オフサイド 4
15 フリーキック 13
9 コーナーキック 2
0 ペナルティキック 0
警告
2
退場
0
警告・退場
警告
1
退場
0

戦評

下位に沈む千葉であったが、立ち上がりから圧倒的な決定力を見せつけ、今季最多の5得点を挙げる圧勝劇を演じた。セットプレーやカウンターの場面で多様な攻撃パターンを披露して前半だけで4点を奪うと、後半も守勢に回ることなくハイラインを設定し、さらに1点を追加する。その後もAピニェイロや佐藤寿など攻撃的な選手を投入することで切れ味の鋭いカウンターを仕掛け続け、相手ゴールを脅かした。終了間際には最終ラインの裏を取られて岐阜に1点を返されたものの、浮上のキッカケとなり得る好ゲームと言えるのではないだろうか。

スターティングメンバー

ベンチ入り選手

監督

ジェフユナイテッド千葉

江尻 篤彦

FC岐阜

大木 武

次のリーグ戦

スタジアム情報

観客数 9341人 気温 22.3℃ 主審 榎本 一慶
芝状況 全面良芝乾燥 湿度 50% 副審 大塚 晴弘
天候 弱風 副審 日高 晴樹

5月19日の速報・結果

J2

水戸

0 - 0

試合終了

金沢

0 - 1

試合終了

長崎
山口

2 - 3

試合終了

東京V
徳島

1 - 1

試合終了

山形
千葉

5 - 1

試合終了

岐阜
町田

2 - 2

試合終了

京都
岡山

1 - 0

試合終了

琉球