J1 第20節

キックオフ:
7/20(土)18:30
試合会場:
県立カシマサッカースタジアム
2 2 前半 1 1
0 後半 0
試合終了
37 試合後勝点 17

試合経過

得点:レアンドロ 前半20分1 - 0 警告:高橋 祐治
  前半23分1 - 1 得点:金崎 夢生
得点:白崎 凌兵 前半35分2 - 1  
警告:犬飼 智也 前半42分  
警告:レアンドロ 後半10分  
警告:永木 亮太 後半14分  
  後半15分 福田 晃斗>安 庸佑
  後半36分 警告:金崎 夢生
レアンドロ>遠藤 康 後半38分 イサック クエンカ>高橋 義希
  後半39分 豊田 陽平>フェルナンド トーレス
名古 新太郎>ブエノ 後半42分  
  後半45分 累積警告の為退場:高橋 祐治
伊藤 翔>金森 健志 後半47分  

チームスタッツ

53% ボール支配率 47%
15 シュート 8
6 枠内シュート 2
106.1km 走行距離 108.9km
155 スプリント 150
397(82%) パス(成功率) 340(76%)
3 オフサイド 2
18 フリーキック 15
5 コーナーキック 6
1 ペナルティキック 0
警告
3
退場
0
警告・退場
警告
3
退場
1

戦評

相次ぐ主力の流出も「常勝軍団」には影響なしか。誰が出場しても完成度を高く保つ鹿島は、最下位に沈む鳥栖に競り勝ち、3連勝を飾った。序盤から激しい肉弾戦となり、一進一退の攻防を繰り広げる中、違いを生み出したのは2列目のタレントだった。レアンドロは縦への推進力を生かし、白崎は卓越したテクニックで相手を翻弄。2人のゴールがチームを勝利に導いた。一方の鳥栖は鹿島と比べ、攻守でクオリティーの差が目立った。守備陣は相手の流動的なパスワークに惑わされ続け、攻撃面では金崎と豊田が孤立するなど、課題は山積みだ。

スターティングメンバー

ベンチ入り選手

監督

鹿島アントラーズ

大岩 剛

サガン鳥栖

金 明輝

次のリーグ戦

鹿島アントラーズ

埼玉スタジアム2002

スタジアム情報

観客数 25117人 気温 24.2℃ 主審 家本 政明
芝状況 全面良芝水含み 湿度 86% 副審 越智 新次
天候 曇のち雨 弱風 副審 西村 幹也

7月20日の速報・結果

J1

札幌

5 - 2

試合終了

湘南
松本

2 - 2

試合終了

広島
名古屋

2 - 2

試合終了

G大阪
神戸

0 - 2

試合終了

横浜FM
鹿島

2 - 1

試合終了

鳥栖
清水

0 - 2

試合終了

FC東京
磐田

1 - 3

試合終了

浦和
C大阪

0 - 0

試合終了

仙台