sportsnavi

明治安田生命J2リーグ【第42節】山形vs大分 ハイライト

明治安田生命J2リーグ第42節 モンテディオ山形 vs 大分トリニータのハイライト。

大分にとってリーグ制覇とJ1昇格が懸かった敵地での一戦。動きに幾分の硬さが見られたが、喉から手が出るほど欲しかったであろう先制点を早い時間帯に挙げる。

前半18分、大分らしいパスワークで右サイドを崩し、岩田智輝がサイドを駆け上がる。ペナルティエリア内に進入してゴール前に折り返すと、ファーサイドの星雄次が反応。右足を振り抜くとボールはネットを揺らし、大分がリードを奪う。

しかし山形は試合終了間際の後半46分、アルヴァロ・ロドリゲスのゴールで同点に追い付き、試合はそのまま1-1の引き分けに終わる。結果として大分はJ2優勝こそ逃したものの、自動昇格の2位が確定。来季は6年ぶりにJ1の舞台で戦う。

試合情報:https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/2018111701

視聴回数:470,134回

※視聴回数は2019/2/20に集計されたものです。