sportsnavi

明治安田生命J2リーグ【第42節】新潟vs山口 ハイライト

明治安田生命J2リーグ第42節 アルビレックス新潟 vs レノファ山口FCのハイライト。

ゲームが動いたのは前半42分。ヘナンが相手ボールをカットし、それを受けた三幸秀稔がダイレクトでオナイウ阿道へパス。オナイウもワンタッチで横を駆け上がる高井和馬へ渡すと、高井はそのままドリブルで持ち込みフィニッシュ。これが決まり山口が先制する。

さらに山口は後半のキックオフから15秒で追加点を挙げる(記録上は後半1分の得点)。パスを受けたオナイウが対峙する相手を華麗にかわして右サイドを突破。ゴール前に折り返すと、これを山下敬大がダイレクトで合わせる。ボールはネットを揺らし、山口がリードを広げる。

その後はスコアは動かず試合は終了し、2-0で山口が勝利した。得点王の可能性もあったオナイウはノーゴールで、トップの大前元紀(大宮)に2得点足らず。しかし総得点数22のうちPKはわずかに2つ。これは立派な記録と言える。

試合情報:https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/2018111706

視聴回数:189,808回

※視聴回数は2019/2/20に集計されたものです。