2019J1参入プレーオフ【1回戦】徳島vs甲府 ハイライト

J1参入プレーオフ1回戦 徳島ヴォルティス vs ヴァンフォーレ甲府のハイライト。

先制したのはホームの徳島。前半37分、野村直輝が敵陣浅い位置からペナルティエリア左のスペースへパスを供給。これを島屋八徳が受けてクロスを送ると、反応したヨルディ・バイスがニアサイドに走り込んでシュートを流し込む。これがゴール右のネットを揺らして先制に成功する。

1点を追う甲府は失点直後の前半39分に同点に追い付く。エデルリマが左サイドの敵陣深くからパスを送ると、ペナルティエリア左でピーター・ウタカが反応。これを受けるとボレーシュートを放つ。GK梶川裕嗣も反応するが、ボールはゴール右のネットを揺らして試合を振り出しに戻す。

しかし、その後はスコアに動きはなく、試合はそのまま1-1で終了。年間順位が上位の徳島がプレーオフ2回戦へ駒を進めた。

試合詳細:https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/2019120108

視聴回数:228,272回

※視聴回数は2020/1/24に集計されたものです。