IDでもっと便利に新規取得

ログイン

イングランド

リヴァプール

FW

南野拓実

背番号
18
身長/体重
174cm/68kg
生年月日
1995年1月16日
国籍/出身地
日本
  • ※プロフィール情報についてはこちら
  • 2020/07/03更新
Getty Images

今シーズン成績

得点 警告 退場 出場試合数 先発出場 出場時間
0 0 0 6 1 171分
キックオフ 種別 出場状況 得点 勝敗 対戦相手 試合状況
1/2(木)
29:00
第21節 出場せず - シェフィールド・ユナイテッド 2 - 0試合終了
1/5(日)
25:01
FA杯
3回戦
途中交代後半25分 0 エヴァートン 1 - 0試合終了
1/11(土)
26:30
第22節 出場せず 0 トテナム・ホットスパー 0 - 1試合終了
1/19(日)
25:30
第23節 出場せず 0 マンチェスター・ユナイテッド 2 - 0試合終了
1/23(木)
29:00
第24節 途中出場前半33分 0 ウルヴァーハンプトン・ワンダラーズ 1 - 2試合終了
1/26(日)
26:00
FA杯
4回戦
途中交代後半40分 0 シュルーズベリー・タウン 2 - 2試合終了
1/29(水)
28:45
第18節 出場せず 0 ウェストハム・ユナイテッド 0 - 2試合終了
2/1(土)
24:00
第25節 途中出場後半36分 0 サウザンプトン 4 - 0試合終了
2/4(火)
28:45
FA杯
4回戦
出場せず - シュルーズベリー・タウン 1 - 0試合終了
2/15(土)
26:30
第26節 出場せず - ノーウィッチ・シティ 0 - 1試合終了
2/18(火)
29:00
CL
決勝トーナメント1回戦
出場せず 0 アトレチコ・マドリッド 1 - 0試合終了
2/24(月)
29:00
第27節 出場せず 0 ウェストハム・ユナイテッド 3 - 2試合終了
2/29(土)
26:30
第28節 途中出場後半34分 0 ワトフォード 3 - 0試合終了
3/3(火)
28:45
FA杯
5回戦
フル出場 0 チェルシー 2 - 0試合終了
3/7(土)
21:30
第29節 出場せず 0 AFCボーンマウス 2 - 1試合終了
3/11(水)
29:00
CL
決勝トーナメント1回戦
途中出場延長後半8分 0 アトレチコ・マドリッド (2)2 - 3(4)試合終了
6/21(日)
27:00
第30節 途中交代後半1分 0 エヴァートン 0 - 0試合終了
6/24(水)
28:15
第31節 途中出場後半29分 0 クリスタル・パレス 4 - 0試合終了ハイライト動画
7/2(木)
28:15
第32節 途中出場後半40分 0 マンチェスター・シティ 4 - 0試合終了ハイライト動画
7/5(日)
24:30
第33節 - - アストン・ヴィラ -試合前
7/8(水)
28:15
第34節 - - ブライトン・アンド・ホーヴ・アルビオン -試合前
7/11(土)
23:00
第35節 - - バーンリーFC -試合前
7/15(水)
未定
第36節 - - アーセナル -試合前
7/18(土)
未定
第37節 - - チェルシー -試合前
7/26(日)
未定
第38節 - - ニューカッスル・ユナイテッド -試合前
  • ハイライト動画ハイライト動画がある試合
  • 途中出場
  • 途中交代
  • ※ キックオフ時間は予定時刻から変更される場合があります。
  • ※ 日時はすべて日本時間

選手紹介

 ドリブル、パスセンス、得点能力を兼ね備えたアタッカー。2007年にセレッソ大阪U-15に加入し、12年8月には2種登録選手となり、J1デビューを果たす。13年にトップチームへ昇格すると、高卒ルーキーとしてはクラブ史上初となる開幕戦でのスタメンに抜てき。29試合出場、5得点と活躍し、Jリーグベストヤングプレーヤー賞に輝いた。

 15年1月、19歳でオーストリアのレッドブル・ザルツブルクに移籍。シーズン途中の加入となった1年目はリーグ戦13試合で3ゴールにとどまるが、15-16シーズンにはプロ入り初となる2桁得点をマークした。17-18シーズンはリーグ5連覇を果たし、ヨーロッパリーグ(EL)では準決勝に進出、南野自身もEL初得点を含む2ゴールを記録した。

 クラブとの契約を2021年まで延長して臨んだ18-19シーズンもレギュラーとしてリーグ6連覇に貢献しており、いまやすっかりチームの顔の1人となっている。

 日本代表でも、“リオ五輪経由A代表行き”を果たし、森保ジャパンの初陣となった18年9月のコスタリカ戦で代表初ゴール。10月のパナマ戦、ウルグアイ戦でもゴールを決めて3戦連発とし、翌19年1月のアジアカップにも出場。敗れはしたが、決勝のカタール戦でゴールを挙げた。いまや日本代表に欠かせない戦力となっている。

経歴

所属チーム 出場試合数 得点
2012 セレッソ大阪 3 0
2013 セレッソ大阪 29 5
2014 セレッソ大阪 30 2
2014-15 レッドブル・ザルツブルク(オーストリア) 13 3
2015-16 レッドブル・ザルツブルク(オーストリア) 32 10
2016-17 レッドブル・ザルツブルク(オーストリア) 21 11
2017-18 レッドブル・ザルツブルク(オーストリア) 28 7
2018-19 レッドブル・ザルツブルク(オーストリア) 26 6

順位表

得点ランキング

日本人選手

ピックアッププレーヤー