IDでもっと便利に新規取得

ログイン

イングランド

リヴァプール

DF

トレント・アレクサンダーアーノルド

背番号
66
身長/体重
175cm/69kg
生年月日
1998年10月7日
国籍/出身地
イングランド
  • ※プロフィール情報についてはこちら
  • 2020/10/26更新
Getty Images

今シーズン成績

得点 警告 退場 出場試合数 先発出場 出場時間
0 1 0 6 6 575分

選手説明

 “TAA(トニー・アレクサンダー・アーノルド)”の愛称を持つサイドバック(SB)は6歳でリヴァプールのアカデミーに入門し、U-16から代表チームに名を連ねるなど将来を嘱望されてきた。18歳になったばかりの時にトップデビューを果たし、2019年1月には5年とも伝えられる長期契約を結んだ。

 ポジションやタイプは異なるが、これまでスティーヴン・ジェラードやジェイミー・キャラガーが担ってきたレッズ(リヴァプールの愛称)生え抜き選手の系譜を受け継ぎ、レジェンドに名を連ねるのもそう遠くなさそうだ。直接FKでのゴールも狙える、右足の強烈で正確無比なキックはジェラードをひたすらまねて身に付けたものだという。

 もともと右SBが本職だったわけではないが、ユルゲン・クロップ監督がゲームメークに参加できるSBを求めて、若いアーノルドに目を付けた。従来の型にはまらないポジショニングやボールさばき、中央と絡んでインサイドとアウトサイド両面からの攻撃参加がチームの勝利に大きく影響。18-19シーズンにチャンピオンズリーグ優勝、19-20シーズンには圧倒的な強さで30年ぶりのリーグ優勝に貢献し、同シーズンの最優秀若手選手賞に輝いた。

 トレードマークにもなっているひときわ大きな66番はアカデミー時代から付けており、どれだけ活躍しても変更する意志を示していない。どこにいようと一目で分かる66番。クロップのもと、欧州屈指のクラブとなったリヴァプールの主軸は右サイドにいる。(文/河治良幸)