ベルギー

シント・トラウデンVV

FW

鈴木優磨

背番号
9
身長/体重
182cm/75kg
生年月日
1996年4月26日
国籍/出身地
日本
  • ※プロフィール情報についてはこちら
  • 2020/01/27更新
Getty Images

今シーズン成績

得点 警告 退場 出場試合数 先発出場 出場時間
6 0 0 18 14 1441分
キックオフ 種別 出場状況 得点 勝敗 対戦相手 試合状況
7/27(土)
27:00
第1節 出場せず - ロイヤル・エクセル・ムスクロン 0 - 1試合終了
8/2(金)
27:30
第2節 出場せず - クラブ・ブルージュ 6 - 0試合終了
8/11(日)
21:30
第3節 出場せず 0 スタンダール・リエージュ 2 - 1試合終了
8/18(日)
25:00
第4節 出場せず - アントワープ 2 - 0試合終了
8/24(土)
27:00
第5節 出場せず - ズルテ・ワレゲム 0 - 0試合終了
8/31(土)
25:00
第6節 途中出場後半40分 0 KASオイペン 0 - 2試合終了
9/14(土)
27:00
第7節 途中出場後半14分 0 ワースランド・ベフェレン 1 - 1試合終了
9/21(土)
25:00
第8節 途中交代後半42分 1 シャルルロワSC 0 - 3試合終了ハイライト動画
9/28(土)
27:30
第9節 途中出場前半43分 0 RCゲンク 3 - 3試合終了ハイライト動画
10/5(土)
27:30
第10節 フル出場 0 コルトレイク 4 - 0試合終了
10/20(日)
25:00
第11節 途中出場後半1分 0 アンデルレヒト 4 - 1試合終了
10/27(日)
26:00
第12節 フル出場 0 AAゲント 0 - 0試合終了ハイライト動画
10/30(水)
28:30
第13節 フル出場 1 KVメヘレン 1 - 2試合終了
11/2(土)
28:00
第14節 フル出場 1 オーステンデ 1 - 0試合終了ハイライト動画
11/9(土)
28:00
第15節 フル出場 0 セルクル・ブルージュ 2 - 1試合終了
11/24(日)
28:00
第16節 フル出場 0 シャルルロワSC 1 - 3試合終了ハイライト動画
11/30(土)
28:30
第17節 途中交代後半30分 1 RCゲンク 1 - 2試合終了ハイライト動画
12/7(土)
28:30
第18節 フル出場 0 クラブ・ブルージュ 1 - 2試合終了
12/14(土)
28:00
第19節 途中交代後半37分 0 ズルテ・ワレゲム 5 - 1試合終了ハイライト動画
12/22(日)
26:00
第20節 フル出場 1 アントワープ 1 - 1試合終了ハイライト動画
12/26(木)
22:30
第21節 フル出場 0 ワースランド・ベフェレン 1 - 0試合終了ハイライト動画
1/18(土)
28:00
第22節 フル出場 0 コルトレイク 2 - 0試合終了ハイライト動画
1/25(土)
28:00
第23節 途中交代後半39分 1 ロイヤル・エクセル・ムスクロン 1 - 3試合終了ハイライト動画
2/1(土)
28:00
第24節 - - オーステンデ -試合前
2/8(土)
28:00
第25節 - - KASオイペン -試合前
2/15(土)
28:00
第26節 - - セルクル・ブルージュ -試合前
2/23(日)
28:00
第27節 - - AAゲント -試合前
2/28(金)
28:30
第28節 - - KVメヘレン -試合前
3/7(土)
28:00
第29節 - - スタンダール・リエージュ -試合前
3/15(日)
26:00
第30節 - - アンデルレヒト -試合前
  • ハイライト動画ハイライト動画がある試合
  • 途中出場
  • 途中交代
  • ※ キックオフ時間は予定時刻から変更される場合があります。
  • ※ 日時はすべて日本時間

選手紹介

 闘争心を全面に押し出したプレーが持ち味のストライカー。得点感覚に優れ、空中戦でのヘディングの強さも特徴の1つ。

 2012年から鹿島アントラーズのジュニアユースに所属。ユースに昇格を果たすと、14年にはJユースカップ優勝に貢献、15年にトップチームへ昇格することが決まった。プロ初年度の15年シーズン、9月に行われたガンバ大阪戦でJ1初出場を果たすと、アディショナルタイムに初得点を決め、自身のデビューをゴールで飾った。

 16年シーズンには、Jリーグチャンピオンシップ決勝の第2戦で試合を決定づけるPKを奪取し、鹿島の優勝に貢献。直後に行われたFIFAクラブワールドカップの準決勝でも、南米王者アトレティコ・ナシオナルを相手に得点を挙げるなど、存在感を示した。背番号を「9」に変更した17年シーズンは、自己最多となる公式戦14ゴールを挙げるなど、名実ともに鹿島のエースに成長した。

 18年シーズンはFCチャンピオンズリーグ(ACL)で全14試合に出場し、2得点を挙げ、チームの初優勝に貢献。その活躍が認められ、大会MVPに選出された。11月には国際親善試合を控えた日本代表のメンバーに選出されるも、ACL決勝での負傷が癒えず辞退。シーズン中の復帰はならなかった。

 19年7月15日、ベルギー1部のシント・トロイデンVVへの完全移籍を発表。「ラストチャンス」と話す海外移籍で、結果を残すことができるか。

経歴

所属チーム 出場試合数 得点
2015年 鹿島アントラーズ 7 2
2016年 鹿島アントラーズ 31 8
2017年 鹿島アントラーズ 26 6
2018年 鹿島アントラーズ 32 11