イタリア

ボローニャ

DF

冨安健洋

背番号
14
身長/体重
188cm/84kg
生年月日
1998年11月5日
国籍/出身地
日本
  • ※プロフィール情報についてはこちら
  • 2019/08/16更新
Getty Images

今シーズン成績

得点 警告 退場 出場試合数 先発出場 出場時間
0 0 0 0 0 0分
キックオフ 種別 出場状況 得点 勝敗 対戦相手 試合状況
現在、データはありません。配信されるまでお待ちください。
  • ハイライト動画ハイライト動画がある試合
  • 途中出場
  • 途中交代
  • ※ キックオフ時間は予定時刻から変更される場合があります。
  • ※ 日時はすべて日本時間

選手紹介

 188センチ78キロという体躯(たいく)を誇るセンターバック(CB)ながら、ボランチもこなすオールラウンダー。アビスパ福岡ユース出身で、2015年に当時高校2年生ながら2種登録されると、翌年には正式にトップチーム昇格を果たした。16年にチームはJ2降格の憂き目にあったものの、冨安は後半戦からCBとしてポジションをつかんで存在感を発揮した。

 翌17年もレギュラーとして35試合に出場。J2リーグ最少タイとなる36失点に抑えた守備陣をけん引した。5月に行われたU-20ワールドカップでは4試合にフル出場し、日本の守備の要としてベスト16に進出したチームを支えた。

 18年1月に海外挑戦を決断し、ベルギー1部のシント=トラウデンVVへ移籍。けがの影響もありデビューまでは時間がかかったものの、プレーオフ第9節のロイヤル・アントワープFC戦で初出場し、欧州での第一歩を踏み出すと、2年目の2018-19シーズンはレギュラーとして躍動。クラブのサポーターが選ぶシーズン最優秀選手に選ばれるなど、その活躍ぶりが評価され、19年7月セリエAのボローニャへの移籍が決まった。

 クラブでの活躍と比例するように、18年8月に初招集された日本代表でも存在感を増している。同年10月に宮市亮以来となる10代でのA代表デビューを飾ると、翌19年1月のAFCアジアカップでは吉田麻也と並んでCBの一角を担い、チーム最年少のレギュラー選手として大活躍。サウジアラビア戦では代表初ゴールも決めた。

経歴

所属チーム 出場試合数 得点
2015 アビスパ福岡(J2) 0 0
2016 アビスパ福岡 10 0
2017 アビスパ福岡(J2) 35 1
2017-18 シント=トラウデンVV(ベルギー) 0 0
2018-19 シント=トラウデンVV(ベルギー) 37 1

順位表

順位 チーム名 勝点
現在、データはありません。配信されるまでお待ちください。

得点ランキング

順位 選手名 得点数 試合数
現在、データはありません。配信されるまでお待ちください。

日本人選手

ピックアッププレーヤー