ドイツ

ボルシア・ドルトムント

FW

マルコ・ロイス

背番号
11
身長/体重
180cm/71kg
生年月日
1989年5月31日
国籍/出身地
ドイツ
  • ※プロフィール情報についてはこちら
  • 2019/09/20更新
Getty Images

今シーズン成績

得点 警告 退場 出場試合数 先発出場 出場時間
3 0 0 4 4 369分

選手説明

 ドルトムント生まれで、故郷のクラブの下部組織でU-17まで過ごしたが、その後はアーレン、ボルシア・メンヘングラードバッハと渡り歩き、そこでトップスターの仲間入り。ボルシアMGがブンデスリーガ4位と躍進した11-12シーズンに18ゴールを挙げてドイツ年間最優秀選手に輝くと、ユース時代を過ごした古巣ドルトムントから再オファーを受け、念願の故郷復帰を果たした。

 愛する黄色と黒のシャツを再び身にまとった移籍1年目、いきなりチャンピオンズリーグ(CL)決勝進出に貢献し、国内リーグでも14ゴールを挙げ、ロベルト・レヴァンドフスキ、イルカイ・ギュンドアン、マッツ・フンメルスらとともに、すぐさまチームの中心となった。

 ところが、その後はけがに祟られ、キャリアを妨げられてしまう。2014年のワールドカップ・ブラジル大会ではドイツ代表に選出されるも直前の親善試合で足首の靭帯を痛めて離脱し、欠場。続くユーロ2016も負傷により落選し、17年5月にも今度は膝の靭帯を痛めて長期離脱を強いられるなど、ドルトムントでも満足にプレーできない時期が続いた。

 しかし、ロイスは決して諦めず、ドルトムントの新キャプテンに任命された2018-19シーズンに華麗な復活を遂げる。シュート、パス、ドリブルと全てにおいてレベルの高いプレーを見せつけてゴールとアシストを量産し、開幕からチームのスピーディーなアタックをけん引。ほぼけがなくシーズンを走り抜け、17ゴール8アシストという数字を残して、完全復活を印象付けた。