コパ・アメリカ グループステージ

キックオフ:
2019/6/25(火) 8:00
試合会場:
エスタジオ ミネイロン
エクアドル
1 1 前半 1 1
0 後半 0
試合終了
日本

試合経過

  前半15分0 - 1 得点:中島 翔哉
  前半31分 警告:冨安 健洋
得点:アンヘル メナ 前半35分1 - 1  
ジェクソン メンデスアイルトン プレシアード 後半0分  
  後半21分 岡崎 慎司上田 綺世
警告:ロベルト アルボレダ 後半27分  
アンヘル メナアンドレス チカイサ 後半29分  
  後半37分 三好 康児安部 裕葵
警告:アントニオ バレンシア
ロマーリオ イバーラアントニオ バレンシア
後半38分  
  後半43分 板倉 滉前田 大然
警告:アンドレス チカイサ 後半44分  

チームスタッツ

52% ボール支配率 48%
16 シュート 16
3 枠内シュート 7
474(83%) パス(成功率) 485(80%)
3 オフサイド 1
17 フリーキック 17
4 コーナーキック 3
0 ペナルティキック 0
警告
3
退場
0
警告・退場
警告
1
退場
0
  • エクアドル
  • 日本

戦評

大会直前に久保建英のレアルマドリードへの移籍が発表され、注目を集めた今大会。若手メンバーを中心に臨んだ日本代表の挑戦は終わりを迎えた。エクアドル戦は前節から先発を1人入れ替え、久保が初戦以来のスタメン入り。経験豊富な岡崎慎司、エースナンバーを背負う中島翔哉、ウルグアイ戦で活躍の三好康児と攻撃陣を結成した。

日本は前半からその攻撃陣が躍動。すると、前半15分に中島が先制点を奪取。その後はしっかりと守りを固めていたものの、徐々に危険なエリアでのミスが目立つように。相手に押され始めると、同35分に同点弾を決められてしまう。その後は一進一退の状況が続き、前半は内容と結果ともに五分五分で終える。

後半に入ると、相手の厚みのある攻撃に遭って防戦一方の展開に。しかし、守備陣が要所を締めてゴールネットは揺らさせずにゲームは終盤に入る。相手が前掛かりとなって少しスペースが空き始めると、久保が類まれな才能を発揮。決定的なラストパスをいとも簡単に送り続けるが、決定力不足に嘆き、ゴールはこじ開けられず。終了間際に久保がネットを揺らすも、オフサイドの判定。同点のまま試合は終わり、グループステージでの敗退となった。

見どころ

大敗を喫した初戦のチリ戦から一転、ウルグアイ戦では引き分けとはいえ多くの手応えをつかんだ森保ジャパン。中でも最大の収穫となったのが三好康児なのは間違いない。小柄なドリブラーはA代表2試合目にも関わらず、南米の強豪に対しても平常心を失うことなく技術の高さを生かして攻撃をけん引。初ゴールを含む2点を決める離れ業を披露した。エクアドルとは中3日での戦いとなるが、好調な背番号11にかかる期待は大きい。守備の要であるガブリエル・アチリエルを出場停止で欠いたチームを相手に、どのようなパフォーマンスを見せられるだろうか。

若手中心のメンバーの中にベテランが融合し、状態の良さをうかがわせる日本。エクアドル戦はグループステージ突破を懸けての重要な戦いとなる。2位通過は現実的に厳しい状況のため、狙うは3位での8強入り。他のグループはすでに試合を終えているため、勝ち上がるために必要な条件が明確になるのは有利な点といえるだろう。ただ、いずれにしても欲しいのは勝点3。チリ戦で学んだ「悔しさ」と、ウルグアイ戦でつかんだ「自信」を胸に、勝利のみが求められる一戦に臨む。

観客数 7623人 気温 17.0℃ 主審 ジーザス ヴァレンズエラ
芝状況 全面良芝乾燥 湿度 82% 副審 ルイス ウリベ
天候 晴れ時々曇り 弱風 副審 ロドリゴ コレア

大会情報

日程 区分 大会名
2019/6/15(土)〜2019/6/25(火) A代表 コパ・アメリカ グループステージ
  • ※ 日時はすべて日本時間

スポナビDo

イベント・大会一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント