IDでもっと便利に新規取得

ログイン

FIFAワールドカップ・アジア予選 2次予選

キックオフ:
2021/3/30(火) 19:30
試合会場:
フクダ電子アリーナ
モンゴル
0 0 前半 5 14
0 後半 9
試合終了
日本

試合経過

  前半13分0 - 1 得点:南野 拓実
  前半23分0 - 2 得点:大迫 勇也
  前半26分0 - 3 得点:鎌田 大地
  前半33分0 - 4 得点:守田 英正
  前半39分0 - 5 得点:オウンゴール
ナルマンダフ アルタグツェデンバル ノルジモー
ダワージャブ バットゥルオユンバートル オトゴンバヤル
ガルエルデネ ソヨルエルデネバルジンニャム バトボルド
後半0分 守田 英正浅野 拓磨
  後半10分0 - 6 得点:大迫 勇也
  後半18分 鎌田 大地稲垣 祥
  後半19分 吉田 麻也中谷 進之介
  後半23分0 - 7 得点:稲垣 祥
  後半26分 冨安 健洋畠中 槙之輔
南野 拓実古橋 亨梧
ガンバヤル ガンボルドミジドルジ オユンバートル 後半28分0 - 8 得点:伊東 純也
  後半33分0 - 9 得点:古橋 亨梧
  後半34分0 - 10 得点:伊東 純也
ナランボルド ニャムオソルテムージン アルタンスフ 後半40分  
  後半42分0 - 11 得点:古橋 亨梧
  後半46分0 - 12 得点:浅野 拓磨
  後半47分0 - 13 得点:大迫 勇也
  後半48分0 - 14 得点:稲垣 祥

チームスタッツ

32% ボール支配率 68%
2 シュート 37
0 枠内シュート 24
190(51%) パス(成功率) 790(86%)
0 オフサイド 8
18 フリーキック 4
1 コーナーキック 12
0 ペナルティキック 0
警告
0
退場
0
警告・退場
警告
0
退場
0
  • モンゴル
  • 日本

戦評

日本の選手は、最後まで攻め込む姿勢を崩さずに「戦士」と形容しても過言ではないほどの姿を見せた。

序盤から日本が圧倒し、イージーミスをほとんど犯すことなく攻撃を仕掛け続けてワンサイドゲームを披露。南野拓実の「2次予選5試合連続」となるゴールで口火を切ると、その後も伊東純也や小川諒也が再三サイドを攻略し、加えて鎌田大地や大迫勇也らが大胆にも中央から守備網を破壊して前半だけで圧巻の5得点を奪う。

ありふれたチームであればここで攻撃の手を止める展開だが、今の日本は違う。公式戦の緊張感を崩さず、それぞれが代表での生き残りをかけて気持ちの入ったプレーを行い続ける。大迫はエースとしてのプライドを、途中投入の浅野拓磨は久しぶりの代表戦でのゴールをかけて戦い続け、チャンスを得た古橋亨梧や稲垣祥らもそれぞれ代表初ゴールを奪って負けじと見せ場を作る。

勝利のみを追い求める姿勢が結実し、最後までモンゴルに一瞬の隙すら与えないままゲームを締めた日本の姿に、拍手を送らない者はいないだろう。「完全試合」を見せつけて今後に期待を持たせる大勝を飾った。

見どころ

モンゴルでの開催が予定されていた一戦は、新型コロナウイルスの感染状況に対するモンゴルの感染対策を踏まえ、日本で無観客試合として開催されることとなった。日本はここまで4試合を終え、無傷の4連勝。決して簡単な試合ばかりではなかったものの、地力を発揮して盤石な試合運びを披露し、グループFの首位に立っている。

今回の相手であるモンゴルは25日のタジキスタン戦で敗れ、予選敗退が決定。さらに前回対戦では日本が6-0の圧勝を収めており、波乱は考えにくい相手といえるだろう。そんなモンゴル戦での注目ポイントは攻撃陣だ。韓国戦では崩し、カウンター、セットプレーと異なる形から得点を奪取しており、チームとしての質の高さを感じさせた。引き続き相手に的を絞らせない積極果敢なアタックでゴールを量産したい。

個人に目を向けると、注目は浅野拓磨か。所属クラブでは今季16得点と量産体制に入っており、「ゴールゲッター」としての期待は大きい。韓国戦では出場時間が短かっただけに、コンディションも問題はないはず。抜群のスプリントで相手の守備網を切り裂き、攻撃陣のけん引役としての存在感を発揮できるか。

観客数 -人 気温 17.0℃ 主審 オマル モハメド アルアリ
芝状況 全面良芝乾燥 湿度 80% 副審 ジャセム アブドゥラ ユスフ
天候 曇り 弱風 副審 サベット オベイド スルール

大会情報

日程 区分 大会名
2019/9/5(木)〜2021/6/15(火) A代表 FIFAワールドカップ・アジア予選 2次予選
  • ※ 日時はすべて日本時間

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント