IDでもっと便利に新規取得

ログイン

国際親善試合

キックオフ:
2021/6/3(木) 19:30
試合会場:
札幌ドーム
日本
3 2 前半 0 0
1 後半 0
試合終了
U-24日本

試合経過

得点:橋本 拳人 前半2分1 - 0  
得点:鎌田 大地 前半41分2 - 0  
原口 元気古橋 亨梧
シュミット ダニエル中村 航輔
鎌田 大地浅野 拓磨
南野 拓実伊東 純也
長友 佑都小川 諒也
後半0分 遠藤 渓太相馬 勇紀
大迫 敬介沖 悠哉
中山 雄太田中 碧
久保 建英前田 大然
得点:浅野 拓磨 後半7分3 - 0  
  後半12分 田川 亨介林 大地
大迫 勇也坂元 達裕
橋本 拳人川辺 駿
後半17分  
守田 英正昌子 源 後半26分  
  後半28分 三好 康児堂安 律
警告:室屋 成 後半30分  
  後半33分 旗手 怜央古賀 太陽
板倉 滉遠藤 航
室屋 成山根 視来 後半35分  

チームスタッツ

48% ボール支配率 52%
10 シュート 9
5 枠内シュート 2
556(81%) パス(成功率) 618(83%)
0 オフサイド 2
9 フリーキック 14
1 コーナーキック 9
0 ペナルティキック 0
警告
1
退場
0
警告・退場
警告
0
退場
0
  • 日本
  • U-24日本

戦評

歴史的一戦となった兄弟対決は「日本」が「U-24日本」を危なげなく下す結果となった。

序盤から試合を支配したのは日本。早々に得点を挙げ、以降も安定感のあるプレーで圧倒する。特に、司令塔の鎌田大地がアイデアあふれるプレーで存在感を発揮。欠かせない選手であることをあらためて証明した。

後半も日本が主導権を握り、途中出場の小川諒也や浅野拓磨らも効果的に絡んで順調に試合を進める。しかし、流れが一変したのはオーバーエイジ枠の候補である遠藤航が登場してからだ。

おなじみの6番を背負った彼の出場以降、一転してU-24日本の時間が続く。守備では刈り取り屋として相手を止め、攻撃では鋭い縦パスを送って起点に。「いつもの姿」を存分に見せる彼を中心に得点のムードを作る。サイドの相馬勇紀、菅原由勢らが送るクロスがことごとく中と合わず、大きなチャンスは数えられるほどだった点は課題だが、終盤にこれほどチームが変わったことはプラス材料だ。

互いに収穫を得たことももちろんだが、何よりも全選手が全力のプレーを見せてくれたことで、日本のファンにとって特別な試合となった。今日を礎に両者はさらなる成長を見せてくれるだろう。

見どころ

「日本」と「U-24日本」の親善試合という珍しい一戦が行われることとなった。日本にとっては5月28日に二桁得点を挙げたミャンマー戦以来、U-24日本にとっては3月に行われたアルゼンチンとの2連戦以来の試合となる。

日本は守備陣の選手起用に注目だ。主力の多くが相手チームにいることもあり、特にセンターバックは誰が出ても久しぶりのスタメンの機会となる。FIFAワールドカップロシア2018で活躍した昌子源、「Jリーグ王者」川崎Fで守備の要として活躍する谷口彰悟などの経験豊富な面々は、どのようなパフォーマンスを披露できるか。とりわけ今回は下の世代と相対するだけに、容易に崩されるのはプライドが許さないはずだ。

U-24日本にとっては急きょマッチメイクされた一戦。土曜日に試合が予定されているだけに、こちらも選手起用には注目だが、第32回オリンピック競技大会まであと数試合しかないため、貴重な実戦の機会といえそうだ。本戦は18人しか選ばれないことを考えれば、当落線上の選手にとってはなおのこと大事な試合となる。オーバーエイジ枠の選考もあり、激化の一途をたどるメンバー争い。アピールに成功し、指揮官を振り向かせるのは誰になるか。

観客数 -人 気温 22.6℃ 主審 ダルウィシュ モハメド
芝状況 全面良芝乾燥 湿度 61% 副審 ファルド ブルーク
天候 屋内 無風 副審 アブドラシド シャミル

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント