IDでもっと便利に新規取得

ログイン

FIFAワールドカップ・アジア予選 2次予選

キックオフ:
2021/6/7(月) 19:30
試合会場:
パナソニック スタジアム 吹田
日本
4 2 前半 1 1
2 後半 0
試合終了
タジキスタン

試合経過

経過

得点:古橋 亨梧 前半6分1 - 0  
  前半9分1 - 1 得点:エフソン パンシャンベ
得点:南野 拓実 前半40分2 - 1  
原口 元気坂元 達裕
南野 拓実鎌田 大地
後半0分 アフタム ナザロフタブレジ ダブラトミル
得点:橋本 拳人 後半6分3 - 1  
  後半13分 マヌチェフル ジャリロフシャフロム サミエフ
佐々木 翔小川 諒也 後半17分  
警告:古橋 亨梧 後半18分  
警告:橋本 拳人 後半21分 コムロン トゥルスノフシェリッディン ボボエフ
橋本 拳人守田 英正 後半23分  
得点:川辺 駿 後半25分4 - 1  
浅野 拓磨谷口 彰悟 後半29分  
  後半38分 パルビズジョン ウマルボエフルスタム ソイロフ
ダブロンジョン エルガシェフゾイル ジュラボエフ

チームスタッツ

61% ボール支配率 39%
14 シュート 1
8 枠内シュート 1
721(85%) パス(成功率) 351(69%)
2 オフサイド 3
11 フリーキック 21
3 コーナーキック 0
0 ペナルティキック 0
警告
2
退場
0
警告・退場
警告
0
退場
0
  • 日本
  • タジキスタン

戦評

すでにワールドカップアジア2次予選の突破を決めている日本は、多くのメンバーを入れ替えて試合に臨んだ。

日本は序盤からボールを支配し、古橋亨梧のゴールで先制点を手にする。このままのペースで進むと思われたが、直後、相手のクロス攻撃から同点に。ワールドカップアジア2次予選での初失点を喫すると、その後はタジキスタンのブロックを崩せない時間が続く。嫌な雰囲気を振り払ったのは「10番」南野拓実だった。ワールドカップ予選7試合連続ゴールとなる勝ち越し点を奪い、日本がリードを奪って前半を終える。

後半は前線からのプレスがはまり始め、シュートへの意識も向上。主導権を完全に掌握すると、さらに得点を積み重ねる。時折攻め込まれる場面もあったが、集中した守備でゲームに幕を引き、今予選全勝を維持した。

この試合での最大の成果は「Jリーグ勢」の活躍だろう。得点を挙げた古橋や川辺駿、起点となって多くの得点に絡んだ山根視来など、国内で活躍を見せる選手が代表の舞台でも輝きを放ったことは、海外組が多いチームにとっても刺激を与えるプラス材料だ。6月の残り2試合でもさらなる新星の飛躍に期待したい。

見どころ

「ドドドド怒涛の9連戦」と銘打たれているシリーズも、タジキスタン戦で全体の4戦目。フル代表は札幌で行われた「兄弟対決」から中3日でこの試合に臨む。

ミャンマー戦の勝利でワールドカップアジア2次予選突破を決め、これまでの戦いに比べて精神的な余裕が生まれるとはいえ、貴重な公式戦の機会であることは間違いない。待ち受ける最終予選や1年半後に開幕を迎えるFIFAワールドカップカタール2022を見据えれば、さらなるチーム力の底上げは必要だ。

最注目は攻撃陣だろう。今年に入ってからU-24日本戦を除いた全てのゲームで「大迫勇也、南野拓実、鎌田大地、伊東純也」の布陣がスタメンに起用されている。この試合でインパクトを残し、4人の牙城を崩すアタッカーが現れることを期待したい。2019 年11月以来ゴールから遠ざかっている原口元気や、3月のモンゴル戦で2得点を挙げた古橋亨梧らにチャンスは巡ってくるか。

2019 年10月に行われたアウェイゲームでは権田修一のスーパーセーブなどに救われて無失点で完勝を収めたものの、攻め込まれる時間があったのも事実。油断せず、確実に白星をつかんで今後へ弾みをつけたい。

観客数 -人 気温 25.2℃ 主審 アブドゥルラフマン アルジャシム
芝状況 全面良芝乾燥 湿度 57% 副審 タレブ アルマッリ
天候 晴れ 弱風 副審 サウードアフメド アルマカーレハ

大会情報

日程 区分 大会名
2019/9/5(木)〜2021/6/15(火) A代表 FIFAワールドカップ・アジア予選 2次予選
  • ※ 日時はすべて日本時間

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント