IDでもっと便利に新規取得

ログイン

国際親善試合

キックオフ:
2021/6/11(金) 19:25
試合会場:
ノエビアスタジアム神戸
日本
1 0 前半 0 0
1 後半 0
試合終了
セルビア

試合経過

経過

橋本 拳人川辺 駿
古橋 亨梧オナイウ 阿道
後半0分 ミラン マカリッチミロシュ ブリッチ
マルコ グルイッチマルコ ペトコビッチ
  後半2分 警告:デヤン ヨベリッチ
得点:伊東 純也 後半3分1 - 0  
  後半13分 ネマニャ ヨビッチジェリコ ガブリッチ
  後半16分 警告:ストラヒニャ パブロビッチ
室屋 成山根 視来 後半20分  
  後半27分 ステファン ミトロビッチサバ アランゲル チェスティッチ
伊東 純也浅野 拓磨 後半31分  
  後半33分 ネマニャ マクシモビッチイバン イリッチ
長友 佑都小川 諒也
南野 拓実原口 元気
後半37分  

チームスタッツ

52% ボール支配率 48%
7 シュート 4
5 枠内シュート 0
668(83%) パス(成功率) 513(80%)
4 オフサイド 0
9 フリーキック 28
2 コーナーキック 0
0 ペナルティキック 0
警告
0
退場
0
警告・退場
警告
2
退場
0
  • 日本
  • セルビア

戦評

世界ランキングで日本より格上のセルビアを迎えた一戦。タジキスタン戦で結果を残した古橋亨梧や南野拓実がスタメンに名を連ねた。

日本は序盤から慎重な入り。丁寧に後方から組み立て、鎌田大地や南野を中心に攻め込むが、決定機はほとんど訪れず。守備からリズムをつかんだセルビアにゴール前まで攻め込まれるなど、一進一退の攻防を繰り返して試合を折り返す。

攻めあぐねた流れを変えるため、森保一監督は後半の頭からオナイウ阿道を投入。後半開始早々に彼が起点となって右CKを獲得すると、ついにここから得点が生まれる。キッカーの鎌田がクロスを入れ、ニアサイドの谷口彰悟が頭でそらすと、伊東純也が合わせてゴールをこじ開けた。

その後は、メンバーを入れ替えながら高いクオリティーを保ったまま相手を封殺。手堅い試合運びで文字通り「完封」を果たした。特にセンターバックの谷口とボランチの守田英正は、不動のレギュラーである吉田麻也と遠藤航の不在を感じさせない出色のパフォーマンスを披露。東欧の強豪を相手に結果を残したことは、大きな自信となるだろう。

これで「2021年全勝」を維持した日本。待ち受ける最終予選へ向け、順調に歩みを進めている。

見どころ

タジキスタン戦では課題を残しつつも、地力の違いを見せて勝利を挙げた日本。だが、1トップを務めた浅野拓磨はゴールを決められず、大迫勇也に代わるFW争いはいまだに混とんを極めている。6日に追加招集されたオナイウ阿道もその候補の1人だ。2年前に初招集された際には出場なしに終わったものの、今季は所属クラブの横浜FMで16試合10得点とハイペースでゴールを量産。大迫のケガの状態次第ではあるが、出番が巡ってきた際には決定力の高さを示し、存在感を発揮できるか。

今回対戦するセルビアは惜しくもUEFA欧州選手権2020の出場は逃したものの、日本が28位、セルビアは25位の世界ランキングが示す通り、格上の相手と言って間違いない。そして、日本でもなじみ深いストイコビッチ監督は今年3月に就任したばかりだが、ワールドカップヨーロッパ予選3試合で2勝1分けと好スタートを切っており、その手腕は確かだ。Jリーグでは当時名古屋の監督として広島を率いていた森保一監督とも対戦しており、4試合で3引き分けときっ抗した試合を演じていた。Jリーグの舞台で顔を合わせていた両者が、今回国を代表して相まみえる。果たしてどのような90分間になるだろうか。

観客数 -人 気温 23.4℃ 主審 ヘイダリ パヤム
芝状況 全面良芝乾燥 湿度 61% 副審 アブドラシド シャミル
天候 晴れ 弱風 副審 ファルド ブルーク

おすすめ記事(スポーツナビDo)

記事一覧

日本オリンピック委員会公式サイト

JOC公式アカウント